You are here

Feed aggregator

UNIT SOUZOU Brings Taiko Theater to Artist and Lecture Series

SPSCC Posts & Announcements - Thu, 05/14/2015 - 12:48

South Puget Sound Community College welcomes Portland-based taiko company UNIT SOUZOU as part of the college’s 2014-15 Artist and Lecture Series. UNIT SOUZOU will be on campus Thursday, May 14 at 7:30 p.m. at the Kenneth J. Minnaert Center for the Arts.

UNIT SOUZOU (pronounced SOH-ZOH), is the brain child of taiko veterans Michelle Fujii and Toru Watanabe. The co-directors share more than 20 years of experience, and have brought a fusion of traditional taiko and Japanese folk dance to UNIT SOUZOU. The performance is sponsored by the college’s Tomodachi club. The group will present their theatrically groundbreaking and imaginative work, “Insatiable.”

The South Puget Sound Community College Artist and Lecture Series brings a diverse group of distinguished scholars, activists and artists under a common theme: “Reflections.” Our presenters are recognized nationally or internationally for their work. Our hope is that they will initiate courageous and purposeful discussion within our community concerning critical and contemporary issues.

Tickets for UNIT SOUZOU are $10 for general admission, (which includes a $3 Washington Center service fee), and the event is free to all SPSCC staff, faculty and students. Tickets are available online at OlyTix.org or by calling The Washington Center for the Performing Arts box office at (360) 753-8586. For more information about the Artist and Lecture Series at South Puget Sound Community College, visit www.spscc.edu/ALSeries.

Posted 2-19-2015

Imagine Cup 2015 日本予選大会

MSDN Blogs - 1 hour 28 min ago

3月19日(木)の応募締切の翌日、日本マイクロソフトの関係者による一次審査を行い、日本予選大会にご参加いただく9作品を決定いたしました。

今年の応募総数は57作品で、昨年よりも6作品増加、作品そのものの質も大きく向上し、どの作品が日本代表になっても、世界大会で上位が狙えそうです。部門毎の応募比率はゲーム部門:42%、イノベーション部門:33% ワールドシチズンシップ部門:25%、学校毎の応募比率は高校:4%、高専:12%、専門学校:68%、大学:16%でした。大学からの応募を増やすことは今後の課題の一つです。

4月11日(土)の日本予選大会では、10 分のプレゼンテーションと 5 分の質疑応答で審査を行い、各部門の優秀賞を選出、さらに部門優秀賞の 3 チームに対して、最終審査員による公開審査を行い(アメリカン・アイドルという米国のアイドルオーディション番組のイメージです)、最優秀賞を決定いたします。最優秀賞を受賞したチームには 7 月 27 日から 7 月 31 日まで、米国/シアトルで開催される世界大会に日本代表として、ご参加いただきます。

日本予選大会はどなたでもご覧いただけますので、観覧希望の方はこちらからお申込下さい。学生たちが全力で開発した作品やその熱のこもったプレゼンテーションをその目でご見て、感じていただくことは、きっと刺激になるはずです。展示エリアでは、実際に作品に触れることもできます。

日本予選大会 参加チーム

作品名をクリックすると、YouTubeのImagine Cupチャンネルに公開されている応募用の3分ビデオをご覧いただけます(HackforPlayのみ、実際のWebサプリのサイトにアクセスします)。

ゲーム部門(インタラクティブな遊びの体験を与えるゲームコンテンツが対象)

Fleeting Light

トライデントコンピュータ

1980年代の、画面を共有した直観的な感覚をタブレットで再現。どこの人でも持っている、探索することへのわくわく感。わかりやすいアートの上に、言語設定が分けられるので言語が通じなくても楽しめます。

PicGather

Creative House

バンタンゲームアカデミー

想像力・発想力を身に付けさせたい10歳未満の子どもを想定ユーザーとして、絵を描き、ゲームと共に子どもを成長させることを目指しました。文字を使用していないので、国籍、老若男女関係なく遊ぶ事ができます。

TWIDIVER

 RTableProject

HAL 大坂

プランナー、アーティスト、プログラマー、ミュージックの各学科の精鋭達によって結成されたスペシャルチームで制作された、同一LANに接続しているPCを使った、最大8人まで同時に遊べる『対戦型オンラインアクションゲーム』。

イノベーション部門(既成概念や常識を打ち砕くサービス、テクノロジーの新しい使い方を提案するアプリ、最先端のテクノロジーを駆使したアプリなどが対象)

P.M.Karaoke

MOOMAN

鳥羽商船高等専門学校

プロジェクションマッピングとKinectを使ってカラオケを彩るエンターテインメントシステム。プロジェクタから壁に映像を投影するだけでなく、Kinectから検出される人の動きに応じた演出が行われ、その演出はスマートフォンから制御できます。

Robograph

 Robograph

大阪府立大学、同志社大学、立命館大学

フィルムカメラ・デジタルカメラ・スマートフォンに次ぐ新時代のカメラ。自撮り棒など既存のツールを使って撮れる限界を超えた3人称視点での写真撮影が可能になります。Windows Phone アプリケーションとハードウェアの密な連携、画像解析処理の最適化を行っています。

すくえあ (SCREEN feels AIR.)

 すくえあ

香川高等専門学校

今までにない「風」を入力としたインターフェースをベースとして、その便利さを伝えるために、ゲームやアートなど様々な方面へアプローチしているシステム。磁気センサというユニークな方法で風を検出。

ワールドシチズンシップ部門(病気や自然災害、人権、貧困、情報へのアクセス、男女の平等といった社会問題を IT で解決するアプリ、サービスが対象)

CHILDHOOD

CHAMPIGNON

筑波大学

子どもの視覚と聴力覚を再現し、彼らが近くする世界を体験、理解することができるウェアラブルデバイス。デバイスはHMDとパンチルトカメラ機構、Windows 8.1搭載のシングルボードコンピュータ上で動作するC#アプリケーション、完全な受動駆動型手指外骨格で構成されています。

HackforPlay

 HackforPlay

石川工業高等専門学校

世界中の誰もが楽しめるプログラミングの教材。Azureで展開されています。ゲームのパラメータのソースコードを書き直すことで、プログラミングの基本を学べる。オリジナルステージを投稿する機能を備えているので、教材はユーザーの手によって増えていく仕組みを提供。

jThird

 Web3D Makers

新宿山吹高校、慶應義塾大学、東京大学

「Web3Dプログラミングで作る楽しさ」を小学生にも提供する創作プラットフォームです。数行のコードでWeb3Dが動くオープンソース「jThree」をAzureに組み込み、そのスニペット集、3Dモデル引用システムによって数時間の講習で本格的なWeb3Dコンテンツをブラウザ上で作成・投稿できます。

 エバンジェリスト 春日井

Highbury College opens New Horizons Centre to offer teacher training in the South East

MSDN Blogs - 1 hour 48 min ago

It’s not only the students that need teaching. As technology evolves so does teaching, and we must strive to ensure that those who are entrusted to shape and mould the minds of the next generation are doing so with the necessary skills.

As part of Microsoft’s commitment to education, we offer a variety of teacher training qualifications and courses, which can be undertaken through a number of our partners.

One such partner is New Horizons, who deliver training to schools and teachers who want to further the impact they can have in the classroom by gaining experience and knowledge from fully qualified trainers.

Teachers, schools and universities in the south east coastal region of the UK looking to further their own personal development or that of their staff will now be able to take advantage of the New Horizons centre, recently opened in Portsmouth. New Horizons Southcoast is owned by Highbury College Portsmouth, an Ofsted Grade 1 College with an international reputation for high quality teacher and technical training. Paul Rolfe, Managing Director and also a Governor of a local Primary School said:

“Its critical that educational institutions continually invest in digital skills for all their staff, internet technologies and the cloud offer massive educational opportunities that practitioners can exploit to create engaging and immersive learning.”

Instructor-led training is the foundation of New Horizons’ Integrated Learning Approach and gives the energy and feedback of an in-person classroom setting. This can be delivered in the centre or at the customer’s site. With the opening of New Horizons South Coast in Portsmouth, these training courses now reach from Bournemouth to Brighton, as far north as Guildford, and even stretch over the Solent to include the Isle of Wight.

As any teacher will tell you, no class full of students is ever quite the same as another. New Horizons take this into consideration when delivering any course, and builds training solutions that meet a wide range of demands.

For those teachers that can’t afford the time out of school, New Horizons has two further learning modes. Online LIVE® which provides a rich, engaging virtual classroom environment that allows the user to easily interact with the instructors and fellow students. Mentored Learning® is another method of delivery which combines focused learning, on a one-on-one mentoring basis. This flexible approach increases the user’s capabilities while maintaining the productivity within the customer’s organisation. Online ANYTIME® is a web-hosted self-paced training solution, often known as e-learning. This method uses the same core course content as our world-renowned instructor-led training. Taster courses are available to schools to trail training.

For educational institutions looking to add to their IT Support, New Horizons are also excited to announce their new Microsoft IT Apprenticeship programme. This apprenticeship uses industry-recognised Microsoft curriculum to deliver the apprenticeship. This can later be converted to a MCSA or MCSE with a few additional units.

New Horizons are also able to offer full Office 365 training, from the technical admin to end user training on the applications. Office can be made available to all students, staff and faculty at no cost, and each individual can install Office on up to 5 PCs/Macs, as well as up to 5 mobile devices or tablets. For more information about Office Pro Plus Benefit and to see if you are able to take advantage of this offer, you can check your eligibility and download Office here.

Highbury College opens New Horizons Centre to offer teacher training in the South East

MSDN Blogs - 1 hour 48 min ago

It’s not only the students that need teaching. As technology evolves so does teaching, and we must strive to ensure that those who are entrusted to shape and mould the minds of the next generation are doing so with the necessary skills.

As part of Microsoft’s commitment to education, we offer a variety of teacher training qualifications and courses, which can be undertaken through a number of our partners.

One such partner is New Horizons, who deliver training to schools and teachers who want to further the impact they can have in the classroom by gaining experience and knowledge from fully qualified trainers.

Teachers, schools and universities in the south east coastal region of the UK looking to further their own personal development or that of their staff will now be able to take advantage of the New Horizons centre, recently opened in Portsmouth. New Horizons Southcoast is owned by Highbury College Portsmouth, an Ofsted Grade 1 College with an international reputation for high quality teacher and technical training. Paul Rolfe, Managing Director and also a Governor of a local Primary School said:

“Its critical that educational institutions continually invest in digital skills for all their staff, internet technologies and the cloud offer massive educational opportunities that practitioners can exploit to create engaging and immersive learning.”

Instructor-led training is the foundation of New Horizons’ Integrated Learning Approach and gives the energy and feedback of an in-person classroom setting. This can be delivered in the centre or at the customer’s site. With the opening of New Horizons South Coast in Portsmouth, these training courses now reach from Bournemouth to Brighton, as far north as Guildford, and even stretch over the Solent to include the Isle of Wight.

As any teacher will tell you, no class full of students is ever quite the same as another. New Horizons take this into consideration when delivering any course, and builds training solutions that meet a wide range of demands.

For those teachers that can’t afford the time out of school, New Horizons has two further learning modes. Online LIVE® which provides a rich, engaging virtual classroom environment that allows the user to easily interact with the instructors and fellow students. Mentored Learning® is another method of delivery which combines focused learning, on a one-on-one mentoring basis. This flexible approach increases the user’s capabilities while maintaining the productivity within the customer’s organisation. Online ANYTIME® is a web-hosted self-paced training solution, often known as e-learning. This method uses the same core course content as our world-renowned instructor-led training. Taster courses are available to schools to trail training.

For educational institutions looking to add to their IT Support, New Horizons are also excited to announce their new Microsoft IT Apprenticeship programme. This apprenticeship uses industry-recognised Microsoft curriculum to deliver the apprenticeship. This can later be converted to a MCSA or MCSE with a few additional units.

New Horizons are also able to offer full Office 365 training, from the technical admin to end user training on the applications. Office can be made available to all students, staff and faculty at no cost, and each individual can install Office on up to 5 PCs/Macs, as well as up to 5 mobile devices or tablets. For more information about Office Pro Plus Benefit and to see if you are able to take advantage of this offer, you can check your eligibility and download Office here.

Highbury College opens New Horizons Centre to offer teacher training in the South East

MSDN Blogs - 1 hour 48 min ago

It’s not only the students that need teaching. As technology evolves so does teaching, and we must strive to ensure that those who are entrusted to shape and mould the minds of the next generation are doing so with the necessary skills.

As part of Microsoft’s commitment to education, we offer a variety of teacher training qualifications and courses, which can be undertaken through a number of our partners.

One such partner is New Horizons, who deliver training to schools and teachers who want to further the impact they can have in the classroom by gaining experience and knowledge from fully qualified trainers.

Teachers, schools and universities in the south east coastal region of the UK looking to further their own personal development or that of their staff will now be able to take advantage of the New Horizons centre, recently opened in Portsmouth. New Horizons Southcoast is owned by Highbury College Portsmouth, an Ofsted Grade 1 College with an international reputation for high quality teacher and technical training. Paul Rolfe, Managing Director and also a Governor of a local Primary School said:

“Its critical that educational institutions continually invest in digital skills for all their staff, internet technologies and the cloud offer massive educational opportunities that practitioners can exploit to create engaging and immersive learning.”

Instructor-led training is the foundation of New Horizons’ Integrated Learning Approach and gives the energy and feedback of an in-person classroom setting. This can be delivered in the centre or at the customer’s site. With the opening of New Horizons South Coast in Portsmouth, these training courses now reach from Bournemouth to Brighton, as far north as Guildford, and even stretch over the Solent to include the Isle of Wight.

As any teacher will tell you, no class full of students is ever quite the same as another. New Horizons take this into consideration when delivering any course, and builds training solutions that meet a wide range of demands.

For those teachers that can’t afford the time out of school, New Horizons has two further learning modes. Online LIVE® which provides a rich, engaging virtual classroom environment that allows the user to easily interact with the instructors and fellow students. Mentored Learning® is another method of delivery which combines focused learning, on a one-on-one mentoring basis. This flexible approach increases the user’s capabilities while maintaining the productivity within the customer’s organisation. Online ANYTIME® is a web-hosted self-paced training solution, often known as e-learning. This method uses the same core course content as our world-renowned instructor-led training. Taster courses are available to schools to trail training.

For educational institutions looking to add to their IT Support, New Horizons are also excited to announce their new Microsoft IT Apprenticeship programme. This apprenticeship uses industry-recognised Microsoft curriculum to deliver the apprenticeship. This can later be converted to a MCSA or MCSE with a few additional units.

New Horizons are also able to offer full Office 365 training, from the technical admin to end user training on the applications. Office can be made available to all students, staff and faculty at no cost, and each individual can install Office on up to 5 PCs/Macs, as well as up to 5 mobile devices or tablets. For more information about Office Pro Plus Benefit and to see if you are able to take advantage of this offer, you can check your eligibility and download Office here.

How to use Windows or Windows Phone Store App Crash Dumps found on your Dev Portal

MSDN Blogs - 1 hour 53 min ago

In this post, I will show you how to analyze Windows and Windows Phone Store apps crash dumps available on the developer portal, especially when you get nothing but an empty callstack in the excel file.

Thanks a lot to Rudy Huyn who gave me some of his dump files to illustrate the steps 

Being pragmatic

Most of the time, a bug leading to a crash remains in an app because the dev just can’t reproduce it. Reproduction is the key : it’s about 80% of the job. Why ? Because once it’s done, you can then use the debug mode, with the comfort of your good old Visual Studio and its powerful debugging tools. Oh, and you still need to fix it of course ! But devs always find a way for that…that’s what we’re paid for : finding solutions .’ In the easy cases you will be able to fix the bug directly, and sometimes we will have to consider things in a different way and find other options to reach the goal - but that’s another story.

To me, this is why the best way to consider crash dumps information when downloaded from the dev portal: it will not help you fix the bug itself, but it will help you reproduce it so that you can get the full debug story in Visual Studio instead of a  skinny minidump.

Retrieving the crash information from the developer portal

The first step is to get the excel file containing the last 30-days history of crash info. Go to the dev portal and follow these steps (the screenshot below is from the Windows Phone store but it’s quite the same on the Windows Store):

You will get an excel file with some information about each crash. The most interesting is the callstack of the managed thread that caused the crash.

But to be able to get it, you will have to activate the edition mode of the excel document you just downloaded. If you don’t do that you won’t be able to expand the cell containing the whole callstack : you will see only 1 row like in the picture below.

Unfortunately, some of you folks certainly got stuck here thinking they can’t get more.

Sometimes you will be lucky

Double-clicking the callstack cell will expand it : if you are Lucky you will see several rows:

Here we can see that the crash is consequent to the update of the avatar in the settings. This is pretty explicit ! Great !

Sometimes you will get peanuts…

In the same file, one of the crash dump contains no callstack:

The good news is that you will be able to get it anyway, but you’ll need a few more steps to do that : click the download button on the right and save the .cab dump file on your disk.

Hello WinDbg !

We will use WindDbg to open the .cab file. If WinDbg is not installed on your machine, you can download it from the WDK download page:

 

Configuring WinDbg

After starting WinDbg, you will need to set the symbols path.

Use the following syntax to tell WinDbg to use Microsoft public symbol server (http://msdl.microsoft.com/download/symbols) and to cache it to a local path (here c:\symbols but you can choose any)

srv*c:\symbols*http://msdl.microsoft.com/download/symbols

Important : If you already loaded the .cab file, don’t forget to check the reload checkbox.

Open the .cab

Use the File/Open crashdump command to load the .cab you downloaded. WinBdg will extract a mini-dump from it.

I won’t give you all boring détail information WinDbg can get from the mini-dump, but just what you really need to debug the app.

Analyse

In the prompt, type the following command:

>!analyze –v

Now it’s time for you to get some coffee because this analyze may take some time (maybe up to 15/20 minutes). Don’t pay attention to the warnings.

Once the processing phase is over (the prompt shows 0:000 again), you will be able to find a “MANAGED_STACK” section. This is what we are looking for ! In my case I can see that the crash is related to the crop functionality. Bingo ! Now it should be easy to reproduce the crash inside the app itself !

Other useful commands

Many other commands are available, here are a few nice ones:

1. Listing loaded modules (dll)

> lm

2. Detailed information for a specific module

Nice to check if your app uses the appropriate version : you can even check the timestamp !

> lmvm Huyn_ni

3. Retrieving the callstack for all threads

The ~*e prefix is the selector applied to the !ClrStack command

> ~*e !ClrStack

4. Listing all threads > !threads

And more…

More commands are available, especially those coming from the SOS extension loaded by WinDbg (the ones starting with “!”), the complete list is available here:

Happy debugging !

[Windows 10] 筆跡功能的應用及實作 (Pen & Ink)

MSDN Blogs - 2 hours 6 min ago

Windows 10 推出之後將支援許多種的輸入 (input) 方式,包括 Windows Hello 透過臉部特徵或虹膜取代密碼輸入、HoloLens 利用全息虛擬實境技術與人作 3D 互動等等。

本文則將介紹 Windows 10 加強後的筆跡 (Pen & Ink) 技術。 對開發者而言,多了 InkCanvas 控制項與基礎 DirectInk 類別,可以使用您已熟悉的程式語言如: C++、C# 或 Visual Basic 等,在 Windows 10 Apps 中實現更強大的筆跡功能。

比如:

叫出地圖後,用筆(或手指)畫上路線圖:

在連線遊戲中,即時紀錄如「狙擊手在右邊建築物屋頂」的筆跡訊息:

用原始筆跡回信:

或是先轉成文字…

Windows 10 在 Pen & Ink 的擴充性

要作到以上應用, Windows 10 提供的 InkCanvas 控制項定義了一個用於繪圖以及轉譯筆跡筆觸的重疊區域。此控制項的功能 (輸入、處理和轉譯) 則來自 InkPresenterInkStrokeInkRecognizerInkSynchronizer 等類別。

(目前使用 JavaScript 的 Windows 應用程式不支援這些類別)

也就是說,無論使用者是以「觸控筆」或是「手指」作輸入所得到的 “Ink” 物件,都能以原始筆跡、加上述解或描述 (metadata),亦或轉譯成文字或圖檔等方式,作進一步創意的實踐。

開始實作吧!

假設我想在一個影像 (image) 上面疊一個筆跡畫布,在 XAML 描述中只要多加一個 InkCanvas 即可,非常直覺簡單:

<ScrollViewer> <Grid> <Image Source="Assets/signature.jpg" /> <InkCanvas x:Name="myInkCanvas" /> </Grid> </ScrollViewer>
執行畫面如以下,各位可注意其中細微的筆觸差異,這些都會被紀錄在 Ink 物件中;同時寫字速度等資訊也會被紀錄下來,可作為進一步 (如筆跡辨認) 的應用。

想更進一步了解 Windows 10 在筆跡功能上的應用,請參考以下 10 分鐘的影片: (Developer's Guide to Windows 10 Preview: (07) Pen & Ink)

註:

若要嘗試這些新功能:

  1. 請加入 Windows Insider Program,取得並安裝 Windows 10 Developer Preview.
  2. 取得並安裝 Visual Studio 2015 CTP. (目前版本為 CTP6)
  3. 新專案中即會出現 Windows 10 Universal App 的範本。

同時:

1. 若您在測試過程中遇到問題:

  1. 請先檢視 release notes 以及 known issues with Visual Studio 2015 CTP6,查看是否為已知問題。
  2. 使用 Windows Store 及 Windows Phone Apps 論壇詢問。
  3. 若您發現的確是個 bug,可透過 Windows 10 內建的 Feedback App 來回報協助。

2. 若您對 API 有任何新功能的需求,則可透過 Windows platform developer UserVoice site 來建議,這網站會在 BUILD 2015 前持續更新,反應最新的 API 功能。

Microsoft Dynamics CRM Product Information Japan の紹介

MSDN Blogs - Sun, 03/29/2015 - 21:00

みなさん、こんにちは。

今日は Microsoft Dynamics CRM の機能を日本語で解説している
ビデオを紹介します。

Microsoft Dynamics CRM Product Information Japan
https://www.youtube.com/playlist?list=PLRvH_Jgj96Nm1RrseIS0GRYB6qtiLPA1P

こちらのサイトには、2015 年 3 月 27 日時点以下ビデオがあります。

タブレット PC 用 CRM の簡単なヒント
https://www.youtube.com/watch?v=Oulcth-WHCE
CRM 2013 の簡単なヒント: Microsoft Dynamics CRM で顧客データにすばやくアクセスする
https://www.youtube.com/watch?v=qwKXd7FyKrY
Microsoft Dynamics CRM 2014 年春 - キューの強化
https://www.youtube.com/watch?v=zutJt-c58OE
CRM 2013 の簡単なヒント: Microsoft Dynamics CRM でショートカットを使用して新しい情報をすばやく追加する
https://www.youtube.com/watch?v=uNsJ5SfkCyE
Microsoft Dynamics CRM 2014 年春 - サービス管理の概要
https://www.youtube.com/watch?v=U2SiHGwr7q0

まだご覧になっていない方は是非一度ご覧ください!

- 中村 憲一郎

CAL に該当する会議ポリシーの設定方法

MSDN Blogs - Sun, 03/29/2015 - 19:36

Japan Lync Support Team です。

 

今回は Standard CAL  と Enterprise CAL に該当するポリシーの設定値についてご紹介します。

 

免責事項: こちらのポリシーはあくまでもサンプルとなり、ご契約状況により完全に要件を満たさない場合があります。

最新の情報・最新の契約内容については、担当営業等へお問い合わせ・確認の上、組織内への展開をお願いします。

Conferencing Policy

パラメーター StandardCAL EnterpriseCAL AllowAnnotations FALSE TRUE AllowAnonymousParticipantsInMeetings FALSE TRUE AllowAnonymousUsersToDialOut FALSE FALSE AllowConferenceRecording FALSE TRUE AllowExternalUserControl FALSE FALSE AllowExternalUsersToRecordMeeting FALSE FALSE AllowExternalUsersToSaveContent FALSE TRUE AllowIPAudio FALSE TRUE AllowIPVideo FALSE TRUE AllowLargeMeetings     AllowMultiView FALSE TRUE AllowNonEnterpriseVoiceUsersToDialOut     AllowParticipantControl FALSE TRUE AllowPolls FALSE TRUE AllowSharedNotes FALSE TRUE AllowUserToScheduleMeetingsWithAppSharing FALSE TRUE AppSharingBitRateKb 1250 1250 AudioBitRateKb     Description     DisablePowerPointAnnotations     EnableAppDesktopSharing None Desktop EnableDataCollaboration FALSE TRUE EnableDialInConferencing FALSE TRUE EnableFileTransfer FALSE TRUE EnableMultiViewJoin TRUE TRUE EnableP2PFileTransfer FALSE FALSE EnableP2PRecording TRUE TRUE EnableP2PVideo TRUE TRUE FileTransferBitRateKb     MaxMeetingSize 2 25 MaxVideoConferenceResolution     TotalReceiveVideoBitRateKb     VideoBitRateKb    

緊急開催! パートナー様向け「Visual Studio 2015 製品説明会」 4 月 15 日@品川

MSDN Blogs - Sun, 03/29/2015 - 19:00
2015 年中に発売が予定されている Visual Studio 2015。2015 年になって 3 ヶ月が過ぎ、パートナーの皆様にお伝えできる情報が少しずつ増えてまいりました。 そこで、パートナー様向けに Visual Studio 2015 のエディション構成や価格、ライセンス体系、そしてパートナー様にご活用いただける販売促進キャンペーンなど、お伝えしうる限りの最新情報をご案内する製品説明会を開催いたします。 2015 年 4 月 15 日 (水) 10:00 ~ 12:00 パートナー様向け製品説明会開催 Visual Studio 2015 は、クラスプラットフォーム開発を強力に推し進めており、Windows、Linux、iOS、Android といったさまざまなプラットフォーム向けのアプリケーションを構築することができるようになります。 この説明会では、こうした Visual Studio 2015 の新機能もご紹介いたします。 Visual Studio 2015 の世界観をご理解いただき、パートナーの皆様との協業をいっそう加速できればと思っています...(read more)

Azure App Service を発表

MSDN Blogs - Sun, 03/29/2015 - 18:30
このポストは、3 月 24 日に投稿された Announcing Azure App Service の翻訳です。 モバイル ファースト、クラウド ファーストの世界で企業に求められているのは、顧客、パートナー、従業員が手元のデバイスを使用してどこからでもシームレスにデータにアクセスできるようにすることです。そして、開発者に求められているのは、複数のプラットフォームをサポートするアプリケーションを開発し、そのアプリケーションによってオンプレミスの情報システムやクラウドベースのサービスとの統合を実現したり、ビジネスやユーザーの成長に合わせたグローバルなオートスケールを実現できるようにすることです。そこで今回発表されたのが、Azure App Service という Azure の新しいサービスです。この記事では、アプリケーション プラットフォーム チームを代表して Azure App Service についてご紹介させていただきます。 App Service は、あらゆるプラットフォームとデバイスに対応する Web アプリやモバイル アプリの開発に使用できる新たなクラウド サービスです...(read more)

Introducing Dashba.com, where Marketing Research meets Customer Relationship

MSDN Blogs - Sun, 03/29/2015 - 17:02

Guest post by Alex Arias, Managing Director, www.dashba.com

1. Why are you building this start-up? What does it do?

We noticed there was a gap between advertising and marketing teams that could be  filled. Businesses usually struggle when advertising their solutions by keeping  the goals of advertising and product marketing teams separate. Marketing and advertising efforts should extend beyond leads and sales to valuable, continual feedback. This priceless feedback can in turn help to navigate future marketing and advertising direction, therefore increasing future sales and customer loyalty. Dashba assists in providing valuable insight to consumer behaviour, values and attitudes surrounding any brand, service or product.

Dashba.com is a clean, straightforward platform built purely to create authentic and meaningful customer relationships. 

2. What does a product marketing team need to understand from engineering about how to sell the product?

Dashba has been built for private one on one communication with close audiences, which allows marketers to announce advertising, news and information to distinct stakeholders such as corporate employees, decision makers, and general public using full screen media assets on any device. Marketers retain full control of their brand’s image, meaning they can manage users’ reviews and messages, reward users, generate new customers and foster beneficial relationships with employees and consumers, learning and improving at the same time their advertising campaigns.

For consumers in general, Dashba is a great way to connect with their favourite brands, learn about new products, provide valuable feedback and get access to exclusive products, samples, discounts, events and win prizes through promotions. All in all, Dasbha is a full service platform that benefits both the companies and customers by fostering meaningful relationships, rather than just a click of a like button.

3. What impact or legacy do you hope to make in the market and in the business world?

We understand that companies have a need to advertise their products and solutions, and they have turned to online and social channels to do so. Often this has created some issues with consumers which have seen that advertising has become more intrusive in their social experience and with less quality or without real value for them. Many bad examples can be found on social media, and as such we believe that our efforts will help both ends to create, communicate and receive the right advertising, using the right channel and giving consumers what they are really interested in. A good advertisement via the right channel means happy customers ready to do happy businesses.

4. What advice do you have for anyone wanting to start a business in your country?

The first step would be to have a good understanding of the industry where you are going to compete, and learn everything about the market that you are looking to offer your product in. Market research, UX research, consumer perception and product/market fit are the keys to start a new business. After that, get surrounded by a good team, not only smart and capable people with their skills up-to-date but also committed to what the business is creating. They have to believe in your product so that your company has a strong foundation to build upon.

5. How do you work with investors, or do you currently use any outside money at all?

We haven’t yet used any outside money, however, we believe on growing our business consistently so that we are always ready to present and discuss opportunities with investors, VCs and advisors in order to get their feedback, further advice and networking in general. If investment is an opportunity we will discuss it.

On the other hand, we are actively looking for partnerships with major media agencies, publishers and advertising companies that can utilise our platform to benefit their customers and make the whole process seamless.

6. Why would an entrepreneur turn to Microsoft for help in building scale, a team, or using software?

Many years ago Microsoft was also a small business; as such I do believe Microsoft has the spirit, expertise, products and skilled people working everyday to help entrepreneurs to grow their business. Microsoft’s solutions are worldwide accepted with a proven track of successful companies using them and that’s enough guarantee of the quality that you will add to your business.

[まとめ] SQL Server Japan Support Team Blog インデックス

MSDN Blogs - Sun, 03/29/2015 - 17:01


★Welcome to Microsoft SQL Server Japan Support Team Blog

====================================

■1. 一般情報

◆a. SQL Server Update 情報

◆b. DO’s&DONT’s やった方がいいこと やらない方がいいこと

◆c. How to系

◆d. 若葉マークブログ

◆e. Known issue

◆f. SQL Connectivity

■2. SQL Serverエンジン

◆a. ツール

◆b 機能

◆c. SQL トラブルシューティング

◆d. インストール/アップグレード/アンインストール

■3. SQL Database (Azure)

■4. Analysis Services

■5. Reporting Service

■6. データアクセス

◆a. ADO.NET

◆b. ADO

◆c. JDBC

■7. Integration Services

■8. PowerBI

■9. イベント・お知らせ

====================================

■1. 一般情報 – a. SQL Server Update 情報

1. SQL Server の最新モジュール情報 (まとめページ)
2. SQL Server の更新プログラム

Topへ

========================

■1. 一般情報 – b. DO’s&DONT’s やった方がいいこと やらない方がいいこと

1. DO's&DONT's #1: やらない方がいいこと – 運用環境で、Profiler GUI を使用してトレースする
2. DO's&DONT's #2: 絶対にやらなければいけないこと - データ型を一致させる
3. DO's&DONT's #3: やらなければいけないこと - 非典型的パラメータ値が存在する場合の再コンパイル (Atypical Parameter Problem ...
4. DO's&DONT's #4: やらない方がいいこと - クエリの 条件句 (WHERE や JOIN ON 等) で参照されている列の加工
5. DO's&DONT's #5: やっておいた方がいいこと - SQL Azure アプリケーションでは Activity ID を記録しておく
6. DO's&DONT's #6: 絶対にやってはいけないこと – ストアドプロシージャ内でのパラメータ値の変更
7. DO's&DONT's #7: やらない方がいいこと - インデックス再構築 (REBUILD) 後のデータファイル圧縮 (SHRINK)
8. DO's&DONT's #8: やってはいけないこと - インデックス再構築 (REBUILD) 後のインデックス統計情報更新 (UPDATE STATISTICS)
9. DO's&DONT's #9: やらない方がいいこと - ディメンションのキー属性として末尾に全角スペースが格納される恐れがあるカラムを利用する。
10. DO’s&DONT’s #10: やらない方がいいこと - クエリの条件句で変数を参照する
11. DO’s&DONT’s #11: やってはいけないこと - トランザクションログファイルの拡張サイズを極端に小さくする
12. DO’s&DONT’s #12: やった方がいいこと - max server memory を設定する
13. DO’s&DONT’s #13: 絶対にやってはいけないこと - ORDER BY が指定されていないクエリの結果が一定の順番に並んでいると仮定すること
14. DO’s&DONT’s #14: 絶対にやってはいけないこと - ひとつの CPU に対して affinity mask と affinity I/O mask の両方 ...
15. DO’s&DONT’s #15: やってはいけないこと - クラスタ SQL Server をサービスとして操作すること
16. DO’s&DONT’s #16: やってはいけないこと - ログ配布プライマリデータベースのログバックアップ
17. DO’s&DONT’s #17: やっておいた方がいいこと - tempdb データファイル数を CPU 数に一致させる
18. DO’s&DONT’s #18: やった方がいいこと - .NET Framework アプリケーションでパラメータクエリを実行する場合にはパラメータのデータ型やサイズ ...

Topへ

========================

■1. 一般情報 – c. How to系

1. システム データベースのリストア手順
2. [PowerPivot][HowTo] SharePoint 2013 で PowerPivot for SharePoint を使用する方法
3. 非ドメイン環境上のサーバー間でミラーリングを構築する方法について
4. SQL Server の手動アンインストール手順
5. SQL Server 2008 R2 Service Pack のクラスター環境への適用手順
6. Tips:SQL Server の Log フォルダの位置の確認方法
7. HowTo: BID トレース - データアクセス アプリケーションのトレースを採取する
8. ODBC API を使用して mdb ファイルからメモ型データを取得する方法
9. バックアップからのリストアによるリカバリ手順
10. Windows Vista 以降の OS 上で SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2 から DTS パッケージ デザイナ を使うには
11. How To:Ghost Record を確認する方法
12. SQL Server SysPrep の注意事項と実行手順
13. 64 ビットSQL Server から SQL Server 2000 へのリンクサーバー設定について
14. [Linux] BCP で 2GB 以上のサイズのファイルをインポートするには
15. SQL Server Profilerを使用して、取得したPowerPivot 実行時のトレースを確認する方法
16. 実行プランを読む - 基本編 (その 1)
17. 実行プランを読む - 基本編 (その 2)
18. 実行プランを読む - 基本編 (その 3)
19. 実行プランを読む - 基本編 (その 4)
20. 実行プランを読む - 活用編 (その 1) – クエリチューニング
21. 実行プランを読む - 活用編 (その 2) - クエリパフォーマンス悪化の原因
22. SQL トレーススクリプトの作成、実行 (SQL Server 2000)
23. SQL トレーススクリプトの作成、実行 (SQL Server 2005, 2008, 2008 R2)
24. HowTo: Management Studio を使ってトランザクションログファイル (ldf) のサイズを小さくする方法
25. Oracle 経験者のための SQL Server HowTo #1: 拡張イベントを使って On-Error Dump を取得する
26. Oracle 経験者のための SQL Server HowTo #2: サーバートレースを使ってセッション・レベルのSQLトレースを取得する
27. オンプレミスのSQL Server データベースのバックアップ先としてクラウドを活用しよう
28. PowerPivot for Excel: SQL Server 認証ユーザーのパスワード保存について
29. デッドロックを避けるコツ
30. SQL Server Data Tools の入手

Topへ

========================

■1. 一般情報 – d. 若葉マークブログ

1. [若葉マークブログ] 第 1 回 : トランザクションとは
2. [若葉マークブログ] 第 2 回 : ロックとは
3. [若葉マークブログ] 第 3 回 : システム データベースとは

Topへ

========================

■1. 一般情報 - e. Known issue

1. KB 2007728 - Error message when you use SSL for connections to SQL Server: "The cer ...
2. IEの制限の影響によりWCF Data Services クライアントにおいて、300秒で'System.InvalidOperationException'が発生することがある
3. [Windows XP] 暗号化され����� SQL Server Compact Edition データベースに対してアクセス遅延が発生することがある
4. Known Issue: SQL Server 2008 フェールオーバクラスタのアンインストールに失敗する
5. クエリ ビルダーで作られたクエリを実行すると構文エラーが発生する
6. [*.rdlc] エクスポートした PDF の文字化け ~ 確認ポイントの鍵はシステム構成要素にあり ~
7. osql での DBCC CHECKDB 結果に "SQLGetDiagRec failed" が大量に出力される
8. SQL Server Profiler ツールの LoginName 列に無効化している“sa” ログインが出力される
9. SQL Server 起動完了後のエラー 18456 「ユーザー 'XXX' はログインできませんでした。 理由: 明示的に指定されたデータベースを開けませんでした。」
10. Known Issue: SQL Server 2008/SQL Server 2008 R2 インストール時に "Visual Studio - VsTemplat ...
11. SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 の不具合修正情報の公開 – 照合順序のバージョンが 90 の場合、誤った実行結果が返ってくる事象に ...
12. Halloween Protection (HP) について
13. DBCC SHRINKFILE 実行時のメッセージ
14. データベースの所有者が確認できない影響
15. CLR オブジェクト開発時の注意点
16. 透過的なデータ暗号化 (TDE) 環境のミラーリングの構成でエラー 927
17. SQL Server 2005 Management Studio の [ログインをロックアウトする] チェックを外した際の注意点について
18. FAQ:実行時間の長い I/O を示すエラー833について
19. 状態 または エラー ID が 29 のエラー 18056
20. エラー666
21. SQL Server 2012 BCP ユーティリティ 使用時の警告 “フォーマット ファイルを使用して BCP インポートを行うと、区切り列内の空の文字列が NULL に変換 ...
22. SQL Server 2000 MSDE から 上位バージョンへのアップグレードについて
23. SQL Server 2012 構成ファイルの分散再生クライアントのオプションについて
24. NVARCHAR/NCHAR データ型の列に格納されるデータが?になる

Topへ

========================
■1. 一般情報 - f. SQL Connectivity

1. Troubleshooting Connectivity #1 - SQL Server への接続
2. Troubleshooting Connectivity #2 - エラー情報からわかる失敗原因
3. Troubleshooting Connectivity #3 - 予期しない接続切断
4. Troubleshooting Connectivity #4 - 接続エラーの調査方法
5. Troubleshooting Connectivity #5 - セッション��立までの動作
6. Troubleshooting Connectivity #6 - 接続タイムアウトは悪なのか?
7. [SQL Connectivity] Case Study : クラスタ化された構成の SQL Server 2008 Service Pack 1 以前のバージョンの名前付き ...
8. [SQL Connectivity] Case Study : 認証 DC ダウン時の SSPI エラーについて
9. [SQL Connectivity] 名前付きパイプでの接続時トラブルシューティング
10. Troubleshooting Connectivity #7 - 接続タイムアウトエラーまでの時間は?

Topへ

========================

■2. SQL Server エンジン – a. ツール

1. [SDP] 情報採取ツール Support Diagnostic Platform
2. Kerberos Configuration Manager for SQL Server
3. SQL Server 2012 BCP ユーティリティ 使用時の警告 “フォーマット ファイルを使用して BCP インポートを行うと、区切り列内の空の文字列が NULL に変換 ...
4. HowTo: Management Studio を使ってトランザクションログファイル (ldf) のサイズを小さくする方法
5. Oracle 経験者のための SQL Server HowTo #1: 拡張イベントを使って On-Error Dump を取得する
6. Oracle 経験者のための SQL Server HowTo #2: サーバートレースを使ってセッション・レベルのSQLトレースを取得する
7. [SSMA] SSMA の動作環境についての推奨
8. [SSMA] SSMA for Oracle Extension Pack インストール時に「スカラー変数 “xxx” を宣言してください。」エラーが発生する。
9. SQL Server Profilerを使用して、取得したPowerPivot 実行時のトレースを確認する方法
10. Known Issue: SQL Server 2008/SQL Server 2008 R2 インストール時に "Visual Studio - VsTemplat ...
11. SQL Server Profiler ツールの LoginName 列に無効化している“sa” ログインが出力される

Topへ

========================

■2. SQL Server エンジン – b. 機能

1. recovery interval 構成オプションは何を指定するオプションなのか
2. 照合順序 - 文字の比較と並び順 (その 1) 
3. 照合順序 - 文字の比較と並び順 (その 2)       
4. DOPは並列クエリで使用されるスレッド数ではない      
5. SQL Server 2012/2008 R2 新機能: 列変更カウンタ (colmodctr)       
6. クエリタイムアウト - その仕組み      
7. SQL Server のメモリ管理 - Part 4       
8. SQL Server のメモリ管理 - Part 3       
9. SQL Server のメモリ管理 - Part 2       
10. SQL Server のメモリ管理 - Part 1
11. 排他ロックヒントを指定した行の列を読み取れる動作について
12. SQL Server 2012 におけるパーティションインデックス再構築時の統計情報更新
13. NUMERIC/DECIMAL の演算結果の有効桁数と小数点以下桁数
14. SQL Server における数値定数 2147483647 と 2147483648 の違い
15. DATETIME データ型のミリ秒に関する注意事項
16. FAQ: 32-bit/64-bit SQL Server 間でのユーザーデータベースの移動は可能?
17. FAQ: SQL Server 起動後、接続が可能となるタイミングは?
18. SQL Server へのメモリ割り当てを減らすと tempdb 使用量が増える??
19. 統計情報の自動更新が ON の時には統計情報を手動で更新する必要はない?      
20. 変数とパラメータの違い
21. CXPACKET 待ちは悪いことか?
22. インデックス再構築と再構成の違い
23. LSN とは?
24. 断片化について
25. インテントロックとは?
26. NVARCHAR/NCHAR データ型の列に格納されるデータが?になる
27. 統計情報更新処理をキャンセルした場合の動作
28. real および float データ型におけるアンダーフロー時の動作

Topへ

========================
■2. SQL Server エンジン – c. SQL トラブルシューティング

1. SQL Server セットアップトラブルシューティング – 初級編
2. [SQL Troubleshooting] SQL Server トラブルシューティング 6 回シリーズのご案内
3. [SQL Troubleshooting] 第1回 : Tips - SQL Server エラーログとイベント ログを採取する (SQL 2000 ~ 2008 R2)
4. [SQL Troubleshooting] 第2回 : Tips -パフォーマンス ログ��採取方法 (Windows Server 2003 ~ Windows Server ...
5. [SQL Troubleshooting] 第3回 :パフォーマンスログの確認方法について
6. [SQL Troubleshooting] 第4回 サーバートレースの解析方法 – (1)
7. [SQL Troubleshooting] 第5回 サーバートレースの解析方法 – (2)
8. [SQL Troubleshooting] 第6回:ブロッキング情報を採取する (SQL Server 2000 ~ 2008 R2)
9. どうする? SQL Server のクエリ パフォーマンスが低下した!       
10. デッドロック調査用の情報採取
11. バックアップが存在しない、または、バックアップからのリストアが行えない場合のデータベース復旧手順
12. 破損したデータベースからのデータ抜き出し方法

Topへ

========================
■2. SQL Server エンジン – d. インストール/アップグレード/アンインストール

1. SQL Server 2008 R2 SP2 適用後のクエリ動作について
2. SQL Server 2000 MSDE から 上位バージョンへのアップグレードについて
3. SQL Server 2012 構成ファイルの分散再生クライアントのオプションについて
4. スクリプト アップグレード モード
5. SQL Server セットアップトラブルシューティング – 初級編
6. PowerPivot for SharePoint のサービスパックを適用する方法
7. SQL Server の手動アンインストール手順
8. SQL Server 2008 R2 Service Pack のクラスター環境への適用手順
9. クラスター環境にSQL Server をインストールする際、MSDTC をクラスター化する必要があるか?

Topへ

========================

■3. SQL Database (Azure)

1. [Windows Azure] ゲスト OS アップグレード後、ゲスト OS 上のSQL Server Native Client を使用している WebRole/Worker ...
2. Windows Azure で、Web ロールで特定のバージョンの SQL Server Native Client を常に使えるようにする方法
3. [Windows Azure SQL Reporting] Visual Studio でファイルエクスポートをするプログラムを書いてみよう
4. Windows AzureのIaaS機能でSQL Serverを使ってみよう
5. [SQL Database] デッドロックの調査方法について
6. [SQL Database] 接続タイムアウトの発生を改善したい
7. [SQL Database] Insert クエリにおいて使用制限されている Table ヒントについて
8. SQL Azure 高可用性を保持するための仕組み
9. WebロールからWindows Azure SQL Database にアクセスする (3/3) : Azure 管理者ポータルを使用したストレージの作成と Web ロールの配置
10. WebロールからWindows Azure SQL Database にアクセスする(2/3) : EDM を作成しよう
11. WebロールからWindows Azure SQL Database にアクセスする (1/3) : Azure 管理者ポータルを使用したテーブルの作成
12. Windows Azure で、Web ロールで特定のバージョンの SQL Server Native Client を常に使えるようにする方法
13. [SQL Database] 照合順序を指定したデータベース作成方法について
14. SQL Database にてスクリプトの生成が行えない
15. NVARCHAR/NCHAR データ型の列に格納されるデータが?になる

Topへ

========================

■4. Analysis Services

1. [SSAS] SQL Server Analysis Services トレース採取方法
2. Analysis Services のデータが '-0'(マイナスゼロ)と表示される
3. Known Issue: NullProcessing プロパティを Preserve にすると「Preserve は、個別のカウント メジャー 'XXXX' の有効な Nul ...
4. SQL Server 2005,2008,2008 R2 Analysis Services Standard エディションにおける使用可能な関数について
5. [SSAS] SQL Server Analysis Services メタデータマネージャー Error 発生時の対処方法
6. NULL データが含まれる場合の MDX 関数 BOTTOMCOUNT 使用の注意事項

Topへ

========================

■5. Reporting Service

1. [SSRS] Reporting Services サービスが起動しない
2. [SSRS] HTML 形式で表示したレポートと PDF や印刷で表示したレポートの見栄えが異なる。対処方法は!?
3. [SSRS] SharePoint 統合モードのレポートサーバー構築手順 (単一サーバー) - SQL Server 2012 と SharePoint 2013 の組み合わせ)
4. [SSRS] SharePoint 統合モードのレポートサーバー構築手順 (単一サーバー) - SQL Server 2008 と SharePoint 2010 の組み合わせ)
5. [SSRS Troubleshooting] SQL Server Reporting Services トラブルシューティングのご案内
6. [SSRS]Reporting Services 使用時の TERADATA 拡張機能エラー
7. [SSRS] Reporting Services 文字化け:異なる OS 間の PDF 文字化け
8 [SSRS] レポートパラメータの位置や順序を変更できるか
9. [SSRS] Reporting Services の詳細ログ
10. [SSRS] SharePoint 統合モードのレポートサーバー構築手順 (単一サーバー) - SQL Server 2012 と SharePoint 2010 の組み合わせ)
11. [SSRS] SQL Server 2008 Reporting Services 不具合情報 – 1月1日に発生する イベント ID 123 について
12. [SSRS] [SQL Server 2008 以降のバージョン] ReportViewer のレポート表示後、印刷ボタン(アイコン)を押下すると「クライアントの印刷コントロー ...
13. [SSRS] Response.Redirect でページ遷移すると画像が見えなくなる(deleteAfterServicing パラメーター)
14. [SSRS] SQL Server 2008 Report Services で 3 つ以上のカスケード型レポートパラメータを設定したレポートを表示した場合、カスケード型レポー ...
15. Reporting Services のレポートで印刷を行うと「クライアントの印刷コントロールを読み込めません。」のエラーが発生する
16. Known Issue: Reporting Services への初回アクセス時に、レポート表示に時間がかかる。
17. How To:Reporting Services のレポートをコマンドで配置する方法
18. SQL Server 2008 R2 Reporting Services 不具合情報 – “値 'x' は無効です。有効な値は、'xx' から 'xxx' です。”
19. SQL Server 2008 以降の Reporting Services で総ページ数表記が “?” になる
20. SQL Server Reporting Services カスタムアセンブリの設定方法
21. [TroubleShooting] PowerPivot ギャラリーで PowerPivot ファイルを開くとエラーが発生する
22. [SSRS] SharePoint 統合モードのレポートサーバー構築手順 (単一サーバー) - SQL Server 2014 と SharePoint 2013 の組み合わせ
23. [SSRS] Reporting Services 文字化け:PDF の文字をコピーして貼り付けると文字化け
23. [SSRS] SharePoint 統合モードのレポートサーバー構築手順 (単一サーバー) - SQL Server 2014 と SharePoint 2010 の組み合わせ
24. [SSRS] Report Viewer コントロール 2010 Language Pack Service Pack 1 が修復インストールとなる
25. [不具合] SQL Server 2014 Reporting Services にて、パフォーマンスオブジェクト ReportServer:Service が動作しない

Topへ

========================

■6. データアクセス – a. ADO.NET

1. [ADO.NET] DataGridView 内のデータ編集とそのときのバインドした DataTable の動作
2. [ADO.NET/SNAC] イニシャル パートナーがダウンしている場合、フェールオーバー パートナーに接続できる確率を高める方法
3. 「タイムアウトに達しました。プールから接続を取得する前にタイムアウト期間が過ぎました。プールされた接続がすべて使用中で、プール サイズの制限値に達した可能性があります。」エラー ... 4
4. DO’s&DONT’s #18: やった方がいいこと - .NET Framework アプリケーションでパラメータクエリを実行する場合にはパラメータのデータ型やサイズ ...

Topへ

======================== 

■6. データアクセス – b. ADO

1. KB 2517589 / 2640696 : Win7 SP1 上でビルドした ADO を参照するプログラムが下位バージョン OS 上で動作しない現象と対処方法 (Ver 2.1)
2. Known Issue: ADO アプリケーションを Windows Server 2008 上で動作させると「要求された名前、または序数に対応する項目がコレクションで見つかり ...

Topへ

======================== 

■6. データアクセス – c. JDBC

1. [JDBC] JDBC ドラ��バーの Java 7 対応について
2. Microsoft SQL Server JDBC Driver は Android OS をサポートしない

Topへ

======================== 

■7. Integration Services

1. Known Issue: SSIS パッケージの TransactionOption オプションを Required とすると、パッケージの動作が停止しているように見える。
2. 64 bit 環境上における Oracle からデータ取得する Integration Services プロジェクト (SSIS パッケージ) の注意事項 - 開発編
3. [SSIS] パッケージログの出力方法
4. [SSIS] OLE DB プロバイダーを使用してフラットファイルをインポートすると正しくない結果となる
5. SQL Server Data Tools の入手

Topへ

========================

 

■8. PowerBI

1. [HowTo] PowerBI for Office365 サイトのブックにある PowerView のデータ更新

Topへ

========================

■9. イベント・お知らせ

1. [Info] 毎週水曜日はサポート・サービスデイ ~ 調布でお待ちしています ~(※オンラインも可能です!!)
2. [皆様のご意見募集しております!]サーバーおよびツール製品に関するインターナショナルユーザー アンケート 2013~「ローカライズについてモノ申したい方、大募集です!~」
3. 壁紙追加されました![期間限定Info]Windows Server 2012 先得早割キャンペーン(吉田健一氏コラボ壁紙全員プレゼントです!)
4. [重要なお知らせ] 2012 年 7 月 2 日 (月) から技術サポート窓口時間が変更になります
5. SQL PASS Summit 2011 at Seattle
6. db tech showcase 2012

Topへ

Pages

Subscribe to Randy Riness @ SPSCC aggregator
Drupal 7 Appliance - Powered by TurnKey Linux