You are here

Feed aggregator

[Sample Of Sep. 18] How to use Bing Translator API in Azure

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 23:30
Sep. 18 Sample : http://code.msdn.microsoft.com/CSAzureBingTranslatorSample-7c3a2d9b This Sample will show you how to use Bing translator, when you get it from Azure market place. Here provide three scenarios that we usually choose. Each page uses a different interface for get data from Bing translator. You can find more code samples that demonstrate the most typical programming scenarios by using Microsoft All-In-One Code Framework Sample Browser or Sample...(read more)

Nye Windows App Developer Account fordele

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 23:11

Fra i dag af koster det ikke det længere et årligt gebyr af have en Windows App Developer Account. Hvis du har et MSDN Subscription, DreamSpark eller BizSpark, så kan du gratis submitte Apps til Windows Store og Windows Phone Store.

Læs mere om dette og andre Apps relateret nyheder i artiklen New Dev Center lifetime registration and benefits program.

实习生带来的乐趣:Zach Montoya为本机.NET创建的Visual Studio 设计器

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 22:43

[原文发表地址]Fun with the Interns: Zach Montoya Builds a Visual Studio Designer for .NET Native

[原文发表时间] 2014-08-22 11:22 AM

几个星期前, 我在雷德蒙德有幸采访了一些.Net 团队的实习生。他们讲述了作为微软实习生的一些经历和他们当时所从事的项目。在这次采访中,我和一个从事.Net运行时团队里的一个开发实习生Zach Montoya坐在一起聊他的实习经验和夏季项目。

Zach创建了一个Visual Studio 扩展, 这个扩展允许从Visual Studio端来维护和配置本地.NET运行库例程。 .NET Native 把.NET 代码部署到本地机器上,运行库例程被用来提供附加信息到.NET 本机工具链,这些工具链告诉编译器哪些 API 要被动态调用,因此这些 API也应该包括在内。

观看:实习生带来的乐趣:Zach Montoya为本机.NET创建的Visual Studio 设计器.

对于那些把自己事业定位到计算机科学的学生们,你们应该考虑在微软实习。你们可以帮助构建软件,让这些软件来帮助数百万的人!也可以在微软实习生项目中学到更多。

享受这份乐趣!

Vendor prefixy v CSS ztrácejí smysl, IE je začíná ignorovat

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 22:40
Předpony výrobce prohlížeče v kaskádových stylech (-ms-, -moz-, -webkit-, -khtml-, -o-) pozbývají svého významu. Internet Explorer 11 si jich totiž přestává všímat a naopak začíná podporovat některé vlastnosti určené pro pokusné vpravení nových technik do WebKitu. Výrobci stránek záměrně upřednostňují jen jeden prohlížeč, nejčastěji...(read more)

[徵才] 尋找對微軟開發工具、ALM 及 Azure 雲平台推廣高度熱情的你

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 22:13

雲端 Cloud 與行動 Mobile 是未來數年資訊產業的大趨勢,軟體開發及雲端服務將是這變革的重點

想要為自己的職場生涯創造一些火花嗎? 我們希望與熱血的您一同合作

共同學習並創造自己與團隊的成長!

我們需要一位正向思考、積極主動、擁抱改變與快速學習的新血技術推廣同仁

 

這是一份技術推廣、Technical Consultant 及 Presales 的工作,負責的產品線為 : 微軟開發工具及技術 - Visual Studio、.NET 、Team Foundation Server、ALM 平台、Azure 與 Visual Studio Online 雲平台

主要工作內容與目標為:

1. 微軟開發工具、.NET、ALM、Azure 平台解決方案技術推廣

你需要了解目標用戶、將會面對不同行業的客戶,接觸的用戶可能是企業的 IT 部門/研發部門/App 及軟體開發商的技術決策主管或開發者。需要透過你的技術專業,推廣這些工具及平台,讓用戶了解其好處及價值。工作方式可能是到客戶端直接拜訪,針對客戶的問題及痛點,進行解決方案的說明,或是透過小型的Workshop 簡報、Demo 解決方案或 POC,以展示價值及好處,並且擔任這些新產品及技術的專家,在研討會或 TechDays 擔任講師,面對廣大的開發人員及技術主管,或是透過 Blog 撰寫技術文章方式,推廣這些產品及技術以解決開發團隊的問題。

身為一位技術專家的您,需能夠進行一場專業的簡報及 Demo,並針對客戶的技術問題,找到解答並 Hands-on 解決問題。您需要有快速學習的能力,但不用擔心,我們是一個團隊 (包括行銷、業務及技術同仁),有和藹可親的同事,會協助您的工作,讓您很快上手!

2. 協助客戶導入的技術顧問

針對客戶的問題及痛點給予專業建議,在導入過程中展現您的問題解決能力及溝通協調的能力,協助客戶導入上述產品及技術以解決問題並展現價值。

3. 教育訓練支援

需要定期向內部同仁及外部合作夥伴進行教育訓練,將相關的產品及技術新知讓其了解,並於第一線協助解決導入相關技術的問題。

 

工作經驗期待:

  • 資通訊、軟體、IT相關產業四年以上工作經驗
  • 了解下列其中一項微軟產品及技術 - .NET, Visual Studio, Team Foundation Server, Visual Studio Online, Azure
  • (非必須) 資訊相關科系畢業,第一線面對客戶工作經驗為佳 (例如: 專案經理、技術經理、技術顧問、Technology/Product Presales、On-Site Technical Support Service ...)

雖然這是一份技術工作,但每天需要面對技術相關的客戶及合作夥伴 (可能是 IT 部門的AP開發者、研發部門主管及RD等),變化及挑戰很大,但很有趣!

有興趣者來信請附上個人履歷寄到 – dannwu@microsoft.com 及 raylin@microsoft.com

您可以參考以下連結,以了解您將推廣的產品及技術:

Business Development Training for Microsoft ISV Partners

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 21:36

Get Ready for Business as a Service Training!

During APC I had many chats with a lot of you around Microsoft Azure, you told me as an Independent Software Vendor (ISV) that you are excited and some of you shared your stories with me how you are engaging with Cloud services.

However a number of your also told me there are still some challenges out there.  I am happy to let you know that I was listening and to help overcome the challenges of the Cloud, we have designed a one day Get Ready for Business as a Service training for ISV.

The training will help you understand and develop the right business model for your market.

Get Ready for Business as a Service training has been designed based upon best practices, latest industry insights and real life experiences from more than 120 Cloud business enablement engagements with IT providers. It is a step-by-step practical training, delivered with close consideration to the market(s) in which ISVs are operating.

The training was developed on the basis of interviews with 24 ISVs of different maturity levels and sizes. The program follows the WHY, HOW & WHAT model. The goal of the training is to support ISVs in entering and growing the business in the emerging Cloud marketplace.

Agenda

  • Welcome & Introduction
  • The world has changed – How is the devices & services boom fuelling the Cloud market
  • Identifying potential customers – Through understanding their buying behaviour
  • Brain Power Session #1
  • Lead is King - Generating the demand in a traditional and non-traditional way
  • Wake up your hunters and align your Sales organization
  • Cloudonomics – How numbers change when running a Cloud vs Traditional business
  • Brain Power Session #2
  • Application monetization - Good practices of building and running a SaaS business
  • Takeaways for a successful journey to the Cloud

Cost: No fee is charged for attending the training. A light catering will be provided.

Date & Time: Tuesday 23rd September.  9:00am – 5:00pm

Location: Saxons Sydney Level 10, 10 Barrack Street

REGISTER NOW to secure your seat.

Microsoft Azure を障害復旧サイトとして使用するためのネットワーク インフラストラクチャのセットアップ

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 21:00

このポストは、9 月 4 日に投稿された Networking Infrastructure Setup for Microsoft Azure as a Disaster Recovery Site の翻訳です。

Azure Site Recovery (ASR) では、Microsoft Azure を Virtual Machines の障害復旧サイトとして使用するようにセットアップすることができます。ASR の詳細については、Brad Anderson が執筆した「Azure Site Recovery を使用した Azure の障害復旧機能のプレビューを発表 (英語)」の記事をお読みください。

アプリケーションに障害復旧機能を追加するにあたって重要なのは、フェールオーバー完了後にユーザーがアプリケーションにアクセスできるようになるまでのダウンタイムを最小限に抑えられるよう、ネットワーク インフラストラクチャの計画立案時に慎重に検討することです。この記事では、その要件を満たすようにネットワーク インフラストラクチャをセットアップする方法を、例を示しながら説明します。まず、ここで例示するアプリケーションについて説明し、続いてネットワークをオンプレミスと Azure でセットアップする方法、最後にテスト フェールオーバーと計画されたフェールオーバーを実行する方法を説明します。

1. アプリケーション

ここでは、IIS を基盤としてバックエンドに SQL Server を使用する、2 層構造のアプリケーションを例に説明します。

 

上のスクリーンショットの画面で、Active Directory をセットアップ済みの「Contoso」という名前の企業を作成します。ここでは SQL Server をバックエンドとして使用する 2 層構造の IIS Web アプリケーションを使用します。SQL Server は Windows 認証で認証が行われており、Virtual Machines はすべて contoso.com ドメインに属しています。また、このアプリケーションには企業のオンプレミス環境のユーザーとモバイル ユーザーの両方からのアクセスがあります。企業のオンプレミス環境以外のユーザーは、企業ネットワークに接続する際に VPN を使用します。

2. オンプレミス ネットワーク

contoso.com のオンプレミス インフラストラクチャは、VMM 2012 R2 Server で管理されています。また、VMM Server 上で「Application Network」という名前の VLAN を基盤とする論理ネットワークが作成されています。この論理ネットワークでは、「Application VM Network」という名前の VM ネットワークが作成されます。アプリケーション内のすべての Virtual Machines で静的 IP が使用されるため、この論理ネットワークで静的 IP プールも定義されます。ただし、Virtual Machines が DHCP を使用するように構成されている場合は、静的 IP プールは不要です。

論理ネットワーク

VM ネットワーク

上記の手順で、全 3 台の Virtual Machines のうち、ドメイン コントローラーの SQL Backend と IIS Frontend が VM ネットワークに追加されます。各 Virtual Machines には、それぞれ次の静的 IP が割り当てられます。

  • Active Directory と DNS – 192.168.0.3
  • SQL Backend – 192.168.0.21
  • IIS Frontend – 192.168.0.22
3. Azure ネットワーク

まず、Azure Virtual Network を大まかに理解するために、Azure Virtual Network の概要記事をご一読ください。ここではまず、Microsoft Azure に「AzureNetwork」という名前の Azure Virtual Network を作成します。このネットワークの作成中に、DNS サーバーの IP としてオンプレミスの DNS サーバーの IP アドレス (ここでは 192.168.0.3) が割り当てられます。これにより Point-to-Site 接続と Site-to-Site 接続が使用できるようになります。


 
「AzureNetwork」では、10.0.0.0 ~ 10.0.0.255 の範囲のアドレスが使用できます。


 
ここで注意していただきたいのは、主に次の 2 つの要件を満たす必要がある場合、オンプレミスのアドレスとは異なるアドレス範囲を使用しなければならないという点です。

  •  オンプレミスのネットワークと Site-to-Site 接続を確立する。Site-to-Site 接続のゲートウェイでは、接続されるネットワークの両側で同一の IP 範囲を使用することはできません。
  •  複数のアプリケーションがオンプレミスで実行されている場合、サブセットのすべてではなく一部のアプリケーションのみをフェールオーバーできるようにする。 

: 上記の 2 つの要件を満たす必要がない場合は、オンプレミスのアドレス範囲とまったく同一の範囲を定義してもかまいません。

4. Site-to-Site 接続のセットアップと AD のレプリケーション

Azure 内のネットワークはオンプレミスのネットワークの延長であるため、アプリケーションをサイト間でシームレスに移動することができます。Azure で作成された仮想ネットワークでは、ユーザーが Site-to-Site 接続を追加することができます。Site-to-Site 接続は、作成時および作成後のいずれのタイミングでも追加できます。接続の作成方法は、Azure Virtual Network に Site-to-Site 接続を追加するためのステップバイステップ手順の資料を参照してください。なお、後から追加する場合でも手順はほぼ同じです。

Site-to-Site 接続が確立されたら、次は Azure で Active Directory と DNS サーバーを作成します。これを作成すると、Azure で実行されているアプリケーションが名前の検索や認証要求のたびにオンプレミスの AD と DNS を参照する必要がなくなります。次の手順にしたがって、Azure で Active Directory を作成します。

  1. まず、オンプレミスの Active Directory で Active Directory サイトとサービスを使用して、AzureSite とは別のサイトを作成することを推奨します。
  2. セクション 3 で作成したネットワークに IaaS VM を作成します。
  3. サーバー マネージャーを使用して、Active Directory ドメイン サービスおよび DNS サーバー ロールをインストールします。
  4. サーバーをドメイン コントローラーに昇格して、オンプレミスの contoso.com ドメインの名前を割り当てます。セクション 3 でオンプレミスの DNS サーバーに DNS 用の IP が割り当られているため、IaaS VM が contoso.com という名前を解決できます。
  5.  「AzureSite」という名前の Active Directory サイトを既に作成している場合は、この Active Directory を追加します。

これで、Azure で DNS サーバーが実行されているため、作成済みの IaaS VM をこの時点から使用することを推奨します。これには AzureNetwork に移動して DNS サーバーの IP を変更し、前の手順で作成した IaaS VM の IP アドレスを指定します。

AD のレプリケーションの頻度: DNS レコードのレプリケーションの頻度は、Active Directory サイトとサービスで変更できます。詳細な手順については、「Active Directory サイト間でのレプリケーションをスケジュールする」を参照してください。

Active Directory と DNS のレプリケーションを Azure に作成する必要の有無: サイトの完全な障害復旧を目標とする場合は、Active Directory のレプリケーションを Azure に作成する必要があります。ただし、一度に実行する計画されたフェールオーバーを一部のアプリケーションのみに限定し、その対象となるアプリケーションが Active Directory や DNS とあまり頻繁に通信しない場合、Active Directory および DNS のレプリケーションを Azure に作成しないという選択肢も考えられます。この場合、Azure で作成したネットワークにオンプレミスの DNS サーバーの IP アドレスを割り当てることができます。

5. Point-to-Site 接続のセットアップ

アプリケーションが Azure にフェールオーバーされた場合でも、モバイル デバイスからのアクセスを維持する必要があります。これを可能にするには、AzureNetwork への Point-to-Site 接続を作成します。詳細については、Azure Virtual Network への Point-to-Site VPN のセットアップ手順の資料を参照してください。このセットアップが完了した状態が以下のとおりです。

 

6. テスト ネットワークの作成

Azure Site Recovery では、新たに別の Azure Virtual Network を用意すると、運用環境のワークロードに影響を与えないようにフェールオーバーのテストを実施できるようになります。ネットワークを新規作成し (ここでは「AzureTestNetwork」という名前に設定)、セクション 3 で作成したネットワークと同じ IP 範囲を使用するように構成します。この時点では、まだ Site-to-Site 接続や Point-to-Site 接続をこのネットワークに追加しません。

7. Azure Site Recovery のセットアップ

ここまででインフラストラクチャのセットアップが完了しました。さらに次の手順で ASR をセットアップしていきます。

  1. クラウド環境を構成します。
  2. 「Application VM Network」を AzureNetwork にマッピングします。
  3. 次の保護を有効にします。
    1. 1. Active Directory – AD から Azure へのレプリケーションには AD レプリケーションを使用しますが、フェールオーバーのテストの際には AD インスタンスが必要です。このため、ここでも ASR で AD を保護する必要があります。フェールオーバーのテストで AD を使用する方法については、この記事のセクション 9 で説明します。
    2. 2. IIS Frontend
    3. 3. SQL Backend

この手順の詳細については、ASR の入門ガイド (英語) および ASR のデプロイメント ガイド (英語) を参照してください。このセットアップが完了した状態が以下のとおりです。

 

8. 復旧計画の作成

ここでは、IIS Frontend および SQL Backend の 2 台の VM を含む環境の復旧計画を作成します。その後、もう 1 つグループを追加して、IIS Frontend をグループ 2 に移動し、復旧計画をカスタマイズします。SQL Backend のフェールオーバーは、IIS Frontend が起動する前に最初に実行し、IIS アプリケーションが正常に起動するようにします。この場合の復旧計画は次のようになります。

9. フェールオーバーのテスト/障害復旧テストの実施

障害復旧機能のセットアップの確認、およびコンプライアンス要件の遵守のために、企業では定期的にフェールオーバーのテストや障害復旧テストを実施する必要があります。ASR では、運用環境のワークロードに影響を与えることなくフェールオーバーのテストを実施できます。フェールオーバーまたは障害復旧のテストを実施する場合は、セクション 6 で作成したテスト用ネットワークを使用します。障害復旧テストは次の手順で実施します。

  1. ASR で AD の VM に移動し、AzureTestNetwork でフェールオーバーのテストを実施します。
  2. IaaS VM を AzureTestNetwork の AD で作成し、この VM に割り当てられた IP アドレスを確認します。
  3. IP アドレスが AzureTestNetwork の DNS に割り当てられたものと異なる場合は、DNS の IP をこの AD の VM に割り当てられたアドレスに変更します。Azure では、Virtual Network で定義された IP アドレス範囲のうち 4 番目以降のアドレスが割り当てられます。つまり、ネットワークの IP アドレス範囲が 10.0.0.0 ~ 10.0.0.255 の場合、このネットワークで作成された VM に割り当てられる最初の IP アドレスは 10.0.0.4 ということです。障害復旧テストでは最初に AD がフェールオーバーされるため、AD に割り当てられる IP アドレスはあらかじめ予想できます。このアドレスを AzureTestNetwork の DNS に追加します。
  4. セクション 8 で作成した復旧計画に移動し、AzureTestNetwork でフェールオーバーのテストを実施します。Azure で VM がフェールオーバーされ、その後起動されるときに、AzureTestNetwork でフェールオーバーされた VM が DNS に自動的に登録されます。さらに、AzureTestNetwork で実行されている AD DNS の VM が、復旧計画にしたがって 2 台の VM の IP アドレスを更新します。この IP アドレスは、VM が静的 IP アドレスを使用している場合でも、オンプレミスの VM のものとは異なります。
  5. IaaS VM を AzureTestNetwork で作成します。
  6. これで、IIS アプリケーションには、http://iisfrontend/ を使用して IaaS VM からアクセスできるようになります。
  7. テストが完了したら、ASR の [Jobs] ビューで、フェールオーバーのテストが完了したことを示すマークを付けます。この操作により、AzureTestNetwork で作成された VM が削除されます。

 

10. 計画されたフェールオーバーの実行

アプリケーションの計画されたフェールオーバーを実行するには、セクション 8 で作成した復旧計画を使用します。計画されたフェールオーバーの実行が完了したら、Azure で起動した Virtual Machines が自動で Azure で実行されている DNS にアクセスし、IP アドレスを更新します。この新しい IP アドレスは、セクション 4 で設定したレプリケーションの頻度にしたがってオンプレミスの DNS にも適用されます。また、Active Directory サイトとサービスに移動してサイトを展開し、ドメイン コントローラーの [NTDS Settings] を開くと、オンデマンドで DNS レコードのレプリケーションを実行できます。[NTDS Settings] を右クリックすると、選択したドメイン コントローラーに、または選択したドメイン コントローラーからレプリケーションを実行するオプションが表示されます。

DNS レコードのレプリケーションが実行され、さらにその DNS レコードの Time-To-Live (TTL) が終了すると、アプリケーションはオンプレミスのクライアント、または Point-to-Site VPN を使用して AzureNetwork に接続しているクライアントからアクセスできるようになります。

この記事では、IIS を基盤として SQL Server をバックエンドに使用する 2 層構造の Web アプリケーションで、障害復旧をセットアップする方法について説明しました。また、障害復旧テストや計画されたフェールオーバーを実施するためにドメイン コントローラーや DNS をセットアップする方法、およびフェールオーバー後にエンド ユーザーがシームレスにアプリケーションにアクセスできるように Azure Virtual Network で Site-to-Site 接続や Point-to-Site 接続をセットアップする方法についても説明しました。

ご不明な点がありましたら、MSDN の Azure Site Recovery フォーラムまでお寄せください。ここでは詳細情報を入手したり、他のユーザーと交流することもできます。

また、製品の詳細情報はこちらから確認できます。Microsoft Azure で Azure Site Recovery を試すには、Azure の無料評価版にサインアップしてください。

常設チャットをはじめよう(第3回)管理編

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 20:54

こんばんは、 Lync サポートチームの吉野です。
前回までで無事に常設チャットサービスが起動しました。

では早速、クライアントでサインインをしてみましょう。

 

…。使えません。
ということで、今日は管理編です。

まずは使えるようにしてみましょう。初めに Lync Server コントロールパネルを開きます。「常設チャット」という項目がありますね。

とりあえず「分類」の新規をクリックしサービス/サイトを選択します。今回は一つしかありません。

名前を適当に、招待状・ファイルアップロード・履歴は必要に応じて ON/OFF します。メンバー(許可)と作成者はとりあえず誰か入れておきます。
(スクリーンショットでは見えないですが作成者も同じ人を登録しました。)

次に「常設チャットポリシー」を設定しましょう。これはその他のポリシーと同じくグローバル、サイト、プール、ユーザーといったスコープがあります。
とりあえずデフォルトのグローバルを変えてみましょう。なんと、デフォルトで「常設チャットを有効にする」がOFFになっています。なのでクライアントから使えなかったのですね。
有効にしてみましょう。

再度サインインすると...常設チャットが使えるようになりました。

あくまで管理編ですので、利用方法は簡単に説明しますと、
1. アイコンをクリック
2. 右の+ボタンをクリック
3. チャットルームの作成をクリック
4. 必要事項を記入の上、Submit する。
5. 部屋を検索して中に入る

で利用可能です。詳細は以下を参照ください
http://office.microsoft.com/ja-jp/lync-help/HA102919098.aspx

次にどんな管理ができるのかを見てみましょう。(※今回アドインの説明は省略します)

New/Set/Get/Remove-CsPersistentChatCategory

先ほどの「分類」がこれにあたります。
分類(カテゴリ)とは各チャットルームがどのような用途で使われているかを定義します。1チャットルーム1カテゴリに所属します。
また、カテゴリごとにルームを作成できる人を設定したり、ファイルのアップロードと言った機能を利用できるかどうかを設定したりできます。
複数カテゴリのルームを作れる人はルーム作成時にどのカテゴリにするかを決めます。

New/Set/Get/Remove-CsPersistentChatConfiguration

先ほどの「常設チャットの構成」がこれにあたります。
チャット履歴数、ファイルの最大数、参加者の更新人数などが設定できます。
少々複雑なのでこちらをご覧ください。
http://technet.microsoft.com/ja-JP/library/jj205122.aspx
たとえば更新制限を75に設定した場合、76人が参加できないというわけではありません。あくまでリストの更新に制限をかけるだけです。

New/Set/Get/Remove/Grant-CsPersistentChatPolicy

先ほどの「常設チャットのポリシー」がこれにあたります。
スコープは細かく設定できますが、項目としては常設チャットを有効にする(=割り当てられたユーザーが使える)だけです。

New/Set/Get/Remove-CsPersistentChatRoom

こちらは管理シェルのみです。作成された会議を表示したり消したりできます。
また、前述 Web UI でユーザーが会議を作成しましたが、New-CsPersistentChatRoom で作成することも可能です。最低限Name(チャットルーム名)とCategory(分類)だけ入力すれば作成できます。
Member も定義しないと使えませんが...。

New/Set/Get/Remove-CsPersistentChatComplianceConfiguration

コンプライアンスの設定を行います。こちらはグローバルまたはサイトスコープで設定可能です。
コンプライアンス機能を有効/無効にするといったことは、ここではできません。トポロジービルダーで設定します。つまりプール単位での設定となります。
こちらはより細かい項目になりますが、サードパーティ製の「アダプター」を利用していない場合、あまり気にしなくてもいいかもしれません。
アダプターも含め、詳細については以下を参考にしてください。

http://technet.microsoft.com/ja-JP/library/jj205163.aspx

 

ということで今回は管理について説明しました。といってもあまり設定項目ありませんでしたね…。
次回はひとまず最終回(?)トラブルシュート編です。

問題発生まで束の間の常設チャット Lync ライフをお楽しみください…。 

Getting the most out of Azure in your MSDN subscription

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 19:57

It’s come to our attention that a lot of people who have access to some awesome Azure benefits through their MSDN subscription don’t really know what those benefits are or how to really use them. So, this post is basically dedicated to going through 4 pretty fundamental things we think every developer should have an understanding of, to ensure they’re getting the most out of the Azure benefits that are included in their MSDN subscription.

  1. What is included in your MSDN subscription with regards to Azure
  2. How do you plug your development environment into Azure
  3. How to take advantage of multiple subscriptions
  4. How to migrate from MSDN Dev/Test to production (PAYG / EA) 

Cool, so first up…

1. What is included in your MSDN subscription with regards to Azure?

Here's an overview of everything that’s currently in Azure (some in preview) that you can use:

 

As you can see, there’s quite a lot there and there’s even more documentation online to show you how to get stuck into the goodness that is Azure. We also have heaps of hands-on-labs over at Microsoft Virtual Academy that will take you through step by step on how to set things up, but there’s also a heap of deep dive content too.

If you get a chance, you should attend the TechEd session titled What’s New in Azure by Mick Badran from Breeze. He’ll be presenting it at both TechEd Melbourne and Sydney. 

I also wanted to give you a quick overview of what the different MSDN subscription levels get:

  • MSDN Ultimate - $160/month Azure credit, dev/test instances only
  • MSDN Premium - $110/month Azure credit, dev/test instances only
  • MSDN Professional - $60/month Azure credit, dev/test instances only
  • BizSpark - $160/month Azure credit, dev/test and production instances

You can use your monthly credit on any Azure service based on your needs. You also get other discounts, please check the links above to your corresponding MSDN subscription for details on what discounts are included in your subscription level.

Any unused monthly credits don’t get carried over to subsequent months and can’t be transferred to other Azure subscriptions.

Just to give you an example of how this translates – If you have an MSDN Premium subscription, you could set up an environment like the ones I mention below and not pay a thing for it because it would all be covered under your monthly $110 Azure credit:

  • 3 VMs for 16 hrs a day
  • 80 VMs for 20 hour load test
  • 50 HD insight nodes for 10 hours
  • Up to 100 websites and DB

If you’ve got certain services/environments in mind and you want to scope out the price, check out the Azure Benefit for MSDN Subscribers page or the Azure Benefit for BizSpark Members page.

Hopefully you’ve got a better understanding now of what it is you have access to with your MSDN subscription.

 

Next up…

2. How do you plug your development environment into Azure?

These articles are a great place to start:

  1. Continuous Delivery for Cloud Services in Azure
  2. Continuous Delivery to Azure using Visual Studio Online
  3. Continuous Delivery to Azure using Visual Studio Online and Git

But if you want to know more, make sure you check out these sessions at TechEd Melbourne or Sydney:

Also, if you’re going to be at TechEd Sydney, Anthony Borton from Enhance ALM is delivering a session titled Build for the cloud, using the cloud: A look at Visual Studio Online.

Or if you’re just looking for a general overview of Visual Studio, Adam Cogan is also presenting a session titled What’s New in Visual Studio + ALM at both TechEd Melbourne and Sydney.



It only seems logical now to walk you through…

3. How to take advantage of multiple subscriptions

What you can and can't do -
One of the things that people sometimes get in trouble with is trying to run large or production sites from their MSDN Azure accounts.  Keep in mind that these accounts are not intended for production systems, they are intended for development and research.  So your spending is capped based on the level of MSDN subscription you have as we described above.  But you need to be sure that you don’t run small production environments in an MSDN Azure account either. 

If you need to run a production environment, set up a PAYG account or Pre-Pay account and run it there.  You can make the owner of the MSDN account the Admin of the other ones as well.  In my case under my accounts in the portal, I have two,

I can administer one, the other or both of them from the portal (new portal shown).  So make sure you aren’t using your MSDN subscription for the production workloads.

Testing subs, dev subs, CI/CD subs -
In some cases, you might want to divide things up to the point of having different billing accounts for different aspects of your development.  You can actually have subscriptions for Testing, Development, and Continuous Integration / Continuous Deployment.  This will give you a fine grained and individualised billing option for each division. 

This is appealing from a payment angle where the department is responsible for paying its own bills, but it’s difficult for larger accounts that want one bill to pay.  Again as we saw above one person can be assigned to multiple subscriptions to manage the billing.  Keep in mind that currently they also have the ability to manage the actual services so some means of sanity must apply there to keep an accountant from stopping the product system when they think the bill is getting too high. 

You can have different levels of access though that you can assign people to as shown in this screenshot below

This will allow you the ability to have some people, say your AP team with reader access and some with full Admin etc.  Enterprise accounts with an EA capability have the ability to have an umbrella account.

Emulate pooling effectively (How do you get two MSDN subscription accounts to talk to each other) –
One of the questions I get more than any other from ISVs and organisations with multiple MSDN subscriptions is can we pool our credits?  At this point the short answer is No.  However, that does not mean you can’t take advantage of the multiple credits to create larger scale development systems. 

For example, you can use one account to create the UI layer, and one to create the Business Layer and one for the Data Layer.  You can call from one layer to the next as if they were calling across any web services style system. One accounts Web Services for example can be called from the UI of another account as if it was making any other call to any other web based web service.

If you have your VMs or other services set up in virtual networks, you can also use Vnet to Vnet connectivity to connect your virtual networks from one account to the other account, or the cloud to on premises if you have some of your systems local and some cloud hosted.  http://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/dn690122.aspx  

This will let you get the most out of all of your subscriptions and effectively emulate pooling.  The only area you may have problems with is if you have a massive scale requirement and need to run 500 cores for one role or deployment. But to be honest, if you can design your system to scale out across 3 VMs, or Roles, then 500 will work fine.  (Disclaimer: in theory!)

 

4. Migrating from MSDN Dev/Test to production (PAYG / EA) 

How to change the bill –
To go from MSDN to PAYG you can just remove the spending limit on your MSDN account. However it remains an MSDN account and is still not to be used for production.  That being said, you can create your PAYG account with a credit card / invoice, and then migrate the workload to the new account.  You might want to set up resource groups to get a nice tidy package for this, and also set up Vnet to Vnet connectivity so you can transfer the images etc from the MSDN account to the PAYG account over our network instead of yours. 

Going from PAYG to an Enterprise Agreement (EA) is a bit more involved and requires you to submit a billing support request.
Step 1. Log into portal and go into billing support.
Step 2. Raise a ticket and select the option to move subscription from PAYG to Enterprise.
Step 3. Support will require subscription/agreement details and voila.

Transfer or redeploy? –
In some cases, you can use resource groups or PowerShell to just copy the VM images over to the other account and start them up.  If you don’t want to make many changes this is fine.  If you do want to make some significant changes when you migrate you may as well just redeploy from your on-site system, or your TFS / GIT repository.  You will usually do this when you do an upgrade or something has gone through on premises testing and you want to deploy to a production account instead of the MSDN account. 

There isn’t much advice here as it really depends on your situation and how you want to do it.  You can use things like Express Route http://azure.microsoft.com/en-us/services/expressroute/ to speed up the process from your DC to ours, or use the Vnet to Vnet connectivity described above to go from account to account in Azure.

Think Support –
You would think that by now this would go without saying.  But time and time again I see major customers decide they don’t want to pay for support thinking that they can just call up their account manager and they’ll fix the problem.  This is not how the world works.

When you are managing mission critical or production systems, you need to have support.  Either internal support to fix your systems and code, or contracted.  When it comes to the cloud provider, if something appears to be wrong on the cloud infrastructure, you need to be able to lodge a support call and get someone on it.

People say support is too expensive, but compare that to how much an outage would cost you.  You are in the big leagues now, you need to be up 24/7.  Don’t treat your product like a hobby.  Give it the support it needs. 

http://azure.microsoft.com/en-us/support/plans/

Compare the response times with what you have promised your downstream customers.  Make  sure you consider this plus your response time.  When you move into production, you need to have someone you can call when things go tango uniform on you.

Now that you have the tools, and the path  forward, go out and conquer the world!

 

New status levels for Microsoft Education Partners (AERs)

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 19:32

The Microsoft Authorised Education Reseller programme is designed to ensure that our partners that work with education customers have been trained and passed on test on our Academic licensing programmes. This is especially important for smaller education customers, where they might choose to buy their licences from a local small business, but will still want to ensure that they are getting the best deal on Microsoft academic licences for software.

For much of our software and online services, education customers typically get a discount of up to 80% from the normal price that commercial customers pay, and that’s why it’s important for our partners to understand the different academic licensing options!

But with hundreds of Microsoft Authorised Education Resellers in Australia, how can you differentiate between them? Previously you couldn’t - the AER search portal would simply give you a list of AERs for a state or city. But all that changed this week, when we announced three levels of AER, connected to the Certifications that our partners have on the main Microsoft Partner Network. So from now on, when you look for details on an AER on the AER Search portal, you will see whether the partner is a standard AER, a Silver AER Partner, or a Gold AER Partner. And you’ll also see the logo on their website and marketing materials.

This is good for our partners, because it means that they get better recognition for making the effort to train and certify their staff through our Microsoft competencies - like Business Intelligence, Data Platform, Office 365 Cloud Deployment, Customer Relationship Management etc (see the full list of competencies here)

And it’s really good for our customers, because you can now find more experienced partners more easily, and it is now much easier to identify a partner who has invested in understanding our academic licensing, as well as becoming certified in a specific Microsoft technology or competence.

How do you find Silver and Gold AERs?

From now, whenever you search for an AER on our global portal (https://aer.microsoft.com/SearchAER.aspx) the search results will be prioritised with Gold Partners at the top, then the Silver Partners, and then those who don’t have a Microsoft Competency.

NB: If you’re an AER with a competency, and it’s not showing you as Silver/Gold, then check your profile to ensure that the correct MPN number is listed, as that’s how the AER system checks your competency status!

開発者、IT プロフェッショナル、ビジネス リーダーのチャンスを最大限に広げるクラウド

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 19:00

このポストは、9 月 10 日に投稿された Enabling developers, IT Professionals and business leaders to maximize opportunities with cloud の翻訳です。

クラウド コンピューティングによってこれまでになかったチャンスが広がっていることは言うまでもありません。そしてその恩恵を受けているのは、IT プロフェッショナルや開発者だけに留まりません。Microsoft Azure 戦略の根幹にあるのは、新たなビジネス モデルの開発を目指すビジネスの意思決定者、最新のアプリケーション シナリオに取り組む開発者、既存のプラットフォームをクラウドに拡張したいと考える IT プロフェッショナルのすべてにメリットをもたらすサービスを提供することです。

マイクロソフトはこのたび、あらゆる業務を担うユーザーがクラウドによってもたらされるチャンスを最大限に活かせるように、新たなサービス群のリリースを発表しました。

Live Streaming と新しい Media Services のプレビューを全世界でリリース

マイクロソフトはアムステルダムで開催された IBC 2014 (International Broadcasting Convention) に先立ち、以下のサービスの提供開始を発表しました。

  • Live Streaming: 2014 年冬季オリンピックや 2014 FIFA ワールド カップを世界各地の放送局にシームレスに配信した Live Streaming ソリューションと同水準のスケーラビリティ、稼働時間、信頼性を備えたプレビュー版の提供を全世界で開始しました。
  • Content Protection: プレミアム動画コンテンツの保護とマネタイズ化を実現する Content Protection のプレビュー版の提供を開始しました。この機能では静的暗号化および動的暗号化が可能で、PlayReady DRM や Clearkey AES 128 ビット暗号化など、業界標準のさまざまな暗号化オプションを用意しています。
  • Indexer: 音声ファイルや動画ファイルのアクセシビリティを向上して検索しやすくする Indexer の一般提供を開始しました。この機能を使用するとメディア ライブラリをすばやくインデックス化できます。

今回の発表の詳細については、こちらのブログ記事 (英語) をご覧ください。

エンタープライズ クラスの Web サービス

Azure WebSites は、企業の Web サイトやビジネス アプリケーションの開発、テスト、運営や、デジタル マーケティング キャンペーンの実施を可能にするエンタープライズ レベルのクラウド サービスです。Azure WebSites の新機能として、企業による新たなシナリオ展開の支援を目的とした以下の機能をリリースしました。

  • Azure WebSites の VPN サポート: VPN サポートにより、Virtual Network 内のプロビジョニングされた Virtual Machines や Cloud Services に安全にアクセスできるようになります。これにより、データベースやその他のサービスをデータセンターに配置したハイブリッド環境に WebSites を導入することが可能になり、ビジネス アプリケーションの刷新を検討したり、従業員や認証済みのユーザーがどこからでもアプリケーションを利用できるようにすることができます。
  • スケーラブルな CMS (WordPress) がアプリケーション ギャラリーに登場: スケーラブルな WordPress アプリがアプリケーション ギャラリーから入手可能になりました。このアプリを使うと、堅牢な CMS ベースのサイトを簡単にセットアップできます。スケーラブルな WordPress を使用して新たに作成した WebSites には、メディア アセット用の Azure Storage、厳選された WordPress プラグインにより最適化されたパフォーマンス、WebSites の Standard インスタンスやハイエンドの MySQL SKU から成るスケーラブルなバックエンドなど、Azure のさまざまな機能が自動的に組み込まれます。
コスト パフォーマンスとビジネス継続性に優れたデータベース サービス

先日発表した Azure SQL Database の新しい サービス レベルである Basic、Standard、Premium の一般提供がついに開始されました。軽量なものから重量のものまであらゆるアプリケーションのトランザクション レベルに対応した 7 つのパフォーマンス レベルが用意されており、安定したパフォーマンスとエンタープライズ クラスの機能を提供します。SLA は稼働率 99.99% を保証し、料金は以前の発表から最大 50% 値下げしています。さらに時間単位での課金制のため、これまでよりもずっと柔軟に予算管理を行うことができます。

この一般提供の詳細については、Data Platform Insider ブログ (英語) をご覧ください。

API の提供でより多くのユーザーやチャネルの開拓が可能に

Azure API Management の一般提供を開始しました。この機能を使用すると、API をより高い信頼性、安全性、スケーラビリティで発行することができます。開発者にとってはデジタル アセットの直接的なマネタイズが可能になり、プラットフォーム化によってモバイル デバイス向けの新たなコンテンツ配信チャネルを開拓することができます。ユーザー ロールのプロビジョニングから利用プランやクォータの作成、ペイロード変換ポリシーの適用、スロットリング、アナリティクス、監視、アラートの構成まで、API 管理に必要なあらゆるツールがそろっています。また、機能を強化した Azure API Management REST API により、API 管理の自動化や API 管理と他のシステムやプロセスとの統合が可能です。

この一般提供の詳細については、こちらのブログ記事 (英語) をご覧ください。

ID およびアクセス管理サービスの拡張

Azure プレビュー ポータルにて、新機能である Role Based Access Control をご利用いただけるようになりました。この機能を使用することにより、Azure リソースへのアクセス権を細かく管理し、Active Directory のユーザーやグループに対してサブスクリプション レベル、リソース グループ レベル、個別のリソース レベルでアクセス権を付与できるようになります。また、新たに追加された「Owner」、「Contributor」、「Reader」の 3 つのロールを使用して制限付きアクセス権を付与することができます。

マイクロソフトは、皆様がクラウドのメリットを活用して多種多様なクラウド サービスを次々と生み出せるよう今後も全力で取り組みを進めていきます。まだご利用いただいていない方はこちらの無料評価版にサインアップして、Azure のメリットをお試しください。

Visual Studio 2010以降でデータヒントの値が不正に表示される

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 18:54

こんにちは。Visual Studio サポート チームです。

今回は、Visual Studio でデバッグ実行時に利用できるデータ ヒントの機能について、Visual Studio 2010以降で値が不正に表示される現象についてご案内します。

データ ヒントとは

データ ヒント (英文ドキュメントでは DataTip と記載しています) は、Visual Studio でアプリケーションをデバッグ実行している際に、コード エディター内の変数上にマウスカーソルをあわせることで表示される小さなウィンドウで、変数の情報を手軽に確認することができます。

現象

Visual Basic の With ブロック内の If ステートメントにおいて、条件式内のオブジェクト変数に対してデータ ヒントを表示すると、意図と異なるオブジェクトの情報が表示されます。

本現象は Visual Studio 2010、2012、および 2013 のバージョンで発生することが確認されています。

<再現コード例>

    Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

        Me.Text = "フォームの文字列"

        With TextBox1

            .Text = "テキスト ボックスの文字列"

            If .Text = "テキスト ボックスの文字列" Then ' ★

                MsgBox("OK")

            Else

                MsgBox("Error")

            End If

        End With

    End Sub

 

<現象発生時のデータ ヒントの表示>

対応状況について

本現象はデータ ヒントの不具合により発生しています。現在、次期バージョンの Visual Studio 14で修正するよう開発部門にフィードバックしています。なお、本現象は日本語版以外の Visual Studio でも同様に発生いたします。

弊社製品の不具合でご不便をおかけし大変申し訳ありませんが、本現象が発生する場合は、データ ヒントではなくウォッチ ウィンドウなどの別の方法で変数の情報をご確認くださいますようお願いいたします。

윈도우 개발자 등록 변경 및 개발자 센터 혜택 프로그램 알림

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 18:53

마이크로소프트에서 윈도우 개발자 분들을 위해서 큰 두 가지 발표를 했습니다. 아래 간단한 내용 알립니다.

 

#윈도우 개발자 등록 변경

Before- 윈도우 스토어 및 윈도우폰 앱 개발을 하려면, 개발자 등록을 하려면 일정 비용을 내고 매년 갱신을 해야 했습니다.

After- 한번만 윈도우 개발자로 등록하면 매년 갱신을 하지 않아도 됩니다. (추가 비용이 들지 않습니다.)

 

 

#개발자 센터 혜택 프로그램

신청 후 단계(Explorer, Expert, Master)에 따라서 무료로 개발자 등록 토큰, 스토어 선물 카드, 컨설팅, 광고, 마케팅 등의 혜택을 받을 수 있습니다.

   

기존에 개발자로 등록하지 않은 사람도 Explorer로 신청하면 무료 개발자 등록 토큰을 받을 수 있습니다.

   

 

보다 자세한 내용은 아래 블로그(영문)를 참고하세요!

http://blogs.windows.com/buildingapps/2014/09/17/new-dev-center-lifetime-registration-benefits-program/

開發人員帳號終身有效以及利益計劃

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 18:09

為了加強開發人員的開發體驗,在這個月裡,Windows 開發人員中心釋出了幾個新的計劃:終身有效的開發帳號、以及新的開發中心利益計劃,我們鼓勵您前往 Windows 開發人員中心,並且看看您可以獲得什麼好處。

從今天開始,開發人員帳號終身有效

在我們持續整合 Windows 及 Windows Phone 開發人員體驗的過程中,我們決定提供更多好處給開發人員,所以從今天開始,Windows 的開發帳號僅須付註冊時的一次費用,之後就不必再繳年費,而且帳號終身有效,當然,這個帳號同時能發佈 app 到 Windows 以及 Windows Phone 市集。

開發中心利益計劃

在前兩個禮拜,我們推出了開發中心利益計劃,這項計劃目的在幫助並且加速您在 Windows 平台上的成功、改良或行銷您的 app、提供不同的工具進行協助。不論您是既有的開發人員、或是新註冊的開發人員,都可以申請加入這項計劃。

這項計劃會依據您的開發經驗分成三個等級:

  • Explorer: 提供您設計介面及架構的指引,並且獲得微軟專家的協助,以及禮物卡、開發帳號註冊費等等。
  • Expert: 協助您接觸到更多的用戶、發行合約等等。
  • Master: 成為開發人員的 VIP,以便取得更多行銷支援、新版 SDK 搶先體驗等。
愈高的等級將幫助您的 app 被更多用戶下載、獲得更高的收益,也經由這些提供的項目幫助您獲得更高的用戶評等。我們推薦您現在就加入這項計劃吧!

開發人員帳號終身有效以及利益計劃

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 18:09

為了加強開發人員的開發體驗,在這個月裡,Windows 開發人員中心釋出了幾個新的計劃:終身有效的開發帳號、以及新的開發中心利益計劃,我們鼓勵您前往 Windows 開發人員中心,並且看看您可以獲得什麼好處。

從今天開始,開發人員帳號終身有效

在我們持續整合 Windows 及 Windows Phone 開發人員體驗的過程中,我們決定提供更多好處給開發人員,所以從今天開始,Windows 的開發帳號僅須付註冊時的一次費用,之後就不必再繳年費,而且帳號終身有效,當然,這個帳號同時能發佈 app 到 Windows 以及 Windows Phone 市集。

開發中心利益計劃

在前兩個禮拜,我們推出了開發中心利益計劃,這項計劃目的在幫助並且加速您在 Windows 平台上的成功、改良或行銷您的 app、提供不同的工具進行協助。不論您是既有的開發人員、或是新註冊的開發人員,都可以申請加入這項計劃。

這項計劃會依據您的開發經驗分成三個等級:

  • Explorer: 提供您設計介面及架構的指引,並且獲得微軟專家的協助,以及禮物卡、開發帳號註冊費等等。
  • Expert: 協助您接觸到更多的用戶、發行合約等等。
  • Master: 成為開發人員的 VIP,以便取得更多行銷支援、新版 SDK 搶先體驗等。
愈高的等級將幫助您的 app 被更多用戶下載、獲得更高的收益,也經由這些提供的項目幫助您獲得更高的用戶評等。我們推薦您現在就加入這項計劃吧! 原始文章發佈於「開發 Windows Apps」部落格

New Microsoft Dynamics GP Videos

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 18:00

Last week, the Microsoft Dynamics YouTube Channel released 3 new videos for Microsoft Dynamics GP.

Below are the videos for your watching pleasure.

If you want more information on Microsoft Dynamics GP, check out the overview page:

 

Microsoft Dynamics GP Keeps People Productive (Direct Link)

(Please visit the site to view this video)

 

Microsoft Dynamics GP Turn Data into Business Insight (Direct Link)

(Please visit the site to view this video)

 

Microsoft Dynamics GP Helps You Get Started Quickly (Direct Link)

(Please visit the site to view this video)

 

Enjoy

David

A smorgasbord of great Webinars including: Performance and Load Testing Sept 18th

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 17:50

Steve Borg and Northwest Cadence has been doing a bunch of cutting work DevOps content and would love to share it w/ the world!

Their new series kicks off tomorrow (Sept 18th) with:

 

Performance and Load Testing

Performance and load testing are critical components of building high quality and scalable software. Visual Studio Ultimate provides scalable out-of-the-box tools to load test, from large systems with thousands of users, to small applications with a few dozen. Whatever your needs, the Visual Studio Ultimate tools can deliver the performance testing that you require.

This session will give you an introduction to on-premise and cloud-based load testing, web performance testing, utilizing test rigs, tips and tricks for effective testing, and examples from real customer experiences load testing their applications.

About Steve:

Steven Borg is the Co-Founder and Strategist at Northwest Cadence. He has been a Microsoft ALM MVP since product inception in 2005, speaks regularly at software development conferences and has authored books, courseware and white papers on Team Foundation Server, regulatory compliance in software development, Scrum and lean. Steven has helped hundreds of organizations, both large and small, adopt Visual Studio ALM tools to improve their software development process, reduce costs, increase quality and speed delivery dates. His expertise lies in bringing successful lean and agile adoption to companies currently using traditional project management techniques.

Webcasts:

Sept. 18. 14 | Performance & Load Testing

Azure Series:

Oct. 02. 14 | Azure 101

Nov. 06. 14 | DevOps in the Cloud with Microsoft Azure

Dec. 04. 14 | Production-Ready with Azure DevTest

In person events:

Leadership Roundtables: Continuous Delivery with Azure, Agility and Automation

Oct. 14. 14 | Leadership Roundtable | Register | San Diego, CA

Oct. 15. 14 | Leadership Roundtable | Register | Irvine, CA

Oct. 16. 14 | Leadership Roundtable | Register | Palo Alto, CA

All of our events are listed on our events page here: www.nwcadence.com/events

 

WinJS 3.0 is Here: Cross-browser| Cross-platform

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 17:49
The Windows Library for JavaScript (WinJS) project is pleased to announce the general availability of its first release – WinJS 3.0 – since the open source project began at //BUILD 2014 . The WinJS 3.0 release offers customers: Cross-browser / cross-platform support spanning the most popular desktop and mobile browsers , as well as HTML-based app environments like Apache Cordova JavaScript modularization giving developers the control to optimize their performance and load just the modules of the...(read more)

New Dev Center Lifetime Registration And Benefits Program

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 17:01
Starting today, Windows Dev Center requires only a one-time registration payment , which grants developers the ability to submit apps to both Windows and Windows Phone stores, with no annual renewal fee . Each of our 600,000+ existing registered developers will no longer need to pay any additional fees to maintain their account. It’s also a very good time for developers new to the platform to get a Dev Center account and start submitting apps. ·          Microsoft...(read more)

SQL Application Column Encryption Sample (Codeplex) available

MSDN Blogs - Wed, 09/17/2014 - 16:36

To achieve many compliance guidelines on Azure SQL Database, the application needs to encrypt the data. The intent of this article is provide some guidelines and an example library for encrypting data at rest for relational databases.

We just published the source code for a library at “SQL Application Column Encryption Sample” in Codeplex (https://sqlcolumnencryption.codeplex.com/) that can help developers to encrypt data (columns) at rest in SQL Azure database. This library is intended to work as sample code and published as open source with the goal to allow the community to improve it while we make a better solution available for Azure SQL Server.

We will appreciate your comments & feedback on this library as it will help us make it better as well to make sure we can make future solutions better.

Please use the Discussion section on the Codeplex library or leave a comment in this forum for feedback & comments.

Pages

Subscribe to Randy Riness @ SPSCC aggregator
Drupal 7 Appliance - Powered by TurnKey Linux