You are here

Feed aggregator

プライバシー 関係の説明文について

MSDN Blogs - Thu, 03/26/2015 - 01:28

こんばんは。Japan Lync Support Team です。

 

Lync 2013 のクライアント側の設定で、連絡先に登録しているユーザー単位でプレイバシー関係を設定する事が可能です。


図1: 登録済みの連絡先からプライバシー関連の変更

図2: プライバシー関連の説明

 

既定の設定である [仕事仲間] の説明文は以下のようになります。

メモと場所の他に、自宅、その他、携帯電話の電話番号以外のすべての連絡先情報と会議の詳細を共有

 

しかしながら、実際の動作として、メモと場所の情報を共有するためには、

[ワークグループ] 以上のプライバシー関係を予め設定しておく必要があります。

 

弊社製品実装により動作説明が不明瞭となっており、申し訳ございません。

Win an XBox One + Kinect Sensor

MSDN Blogs - Thu, 03/26/2015 - 01:17
Microsoft Ireland are giving away an Xbox One with Kinect each month for the next three months and all you have to do is complete one of the following Microsoft Virtual Academy courses: Windows 10 Technical Preview for IT Pros Networking Fundamentals Getting started with PowerShell 3.0 Jump Start Understanding Active Directory Microsoft Azure IaaS Deep Dive Jump Start Windows Azure Pack: Infrastructure as a Service Server Virtualisation with Windows Server Hyper-V and System...(read more)

Windows 10 開發者預覽的新功能 (What’s new in Windows 10 Developer Preview)

MSDN Blogs - Thu, 03/26/2015 - 00:06

如果您有開發過 Windows Store 或 Windows Phone App 的經驗,以下幫您整理了 Windows 10 Developer Preview (開發者預覽版本) 之新增功能

當然,若要親自嘗試這些新功能:

  1. 請加入 Windows Insider Program,取得並安裝 Windows 10 Developer Preview.
  2. 取得並安裝 Visual Studio 2015 CTP. (目前版本為 CTP6)
  3. 新專案中即會出現 Windows 10 Universal App 的範本。

同時:

1. 若您在測試過程中遇到問題:

  1. 請先檢視 release notes 以及 known issues with Visual Studio 2015 CTP6,查看是否為已知問題。
  2. 請繼續使用 Windows Store 及 Windows Phone Apps 論壇詢問。
  3. 若您發現的確是個 bug,可透過 Windows 10 內建的 Feedback App 來回報協助。

2. 若您對 API 有任何新功能的需求,則可透過 Windows platform developer UserVoice site 來建議,這網站會在 BUILD 2015 前持續更新,反應最新的 API 功能。

以下即重貼來自 Windows 10 開發者預覽的新功能

應用程式模型

檔案總管

新的 Windows.System.Launcher.LaunchFolderAsync 方法可讓您啟動 [檔案總管] 並顯示您指定的資料夾內容。

共用存放裝置

新的 Windows.ApplicationModel.DataTransfer.SharedStorageAccessManager 類別與其方法,可讓您在使用 URI 啟用啟動其他應用程式時,透過傳遞共用權杖來與另一個應用程式共用檔案。目標應用程式會兌換權杖,以取得來源應用程式共用的檔案。

設定

搭配 LaunchUriAsync 方法使用 ms-settings 通訊協定,顯示內建設定頁面。例如,下列程式碼會顯示 Wi-Fi 設定的頁面。

bool result = await Launcher.LaunchUriAsync(new Uri("ms-settings://network/wifi"));

如需您可以顯示之設定頁面的清單,請參閱如何使用 ms-settings 通訊協定顯示內建設定頁面

控制項

WebView 更新

數個完整支援 HTML WebView 控制項的新 API 與事件,包含:

· MSWebViewUnviewableContentIdentified 事件的 MediaType 屬性

· MSWebViewUnsupportedUriSchemeIdentified 事件

· MSWebViewNewWindowRequested 事件

· MSWebViewPermissionRequested 事件,適用於嘗試取得使用者同意以存取地理位置服務的WebView 內容。

使用者輸入的用戶端資料驗證

新的 XAML 控制項屬性可讓您收集和顯示資料驗證錯誤。您可以新增、移除或清除控制項上的ValidationErrors 集合。當 ValidationErrors 計數變成非零,唯讀 ValidationState 屬性就會變更,且控制項會顯示驗證錯誤指示器。

使用預設的指示器樣式,或透過以自訂樣式覆寫 ValidationIndicatorStyle 屬性的方式自訂資料驗證指示器。或者,您可以設定 IsValidationIndicatorEnabled 屬性來啟用或停用指示器。

Windows 核心文字 API

新的 Windows.UI.Text.Core 命名空間提供一個可將鍵盤輸入處理程序集中至單一伺服器的主從式系統。

您可以使用它來管理您自訂文字輸入控制項的編輯緩衝區。文字輸入伺服器可透過應用程式和伺服器之間的非同步通訊通道,確保您的文字輸入控制項內容與其編輯緩衝區的內容一律保持同步。

輸入更新

有了 InkCanvas 控制項與基礎 DirectInk 類別之後,現在可以更容易地使用採用 C++、C# 或 Visual Basic 的 Windows 執行階段應用程式中強大的筆跡功能。

InkCanvas 控制項定義了一個用於繪圖及轉譯筆跡筆觸的重疊區域。這個控制項的功能 (輸入、處理和轉譯) 來自 InkPresenterInkStrokeInkRecognizerInkSynchronizer 類別。

重要 使用 JavaScript 的 Windows 應用程式不支援這些類別。

地圖

已經更新地圖控制項類別,以支援 Windows 10 Technical Preview 通用應用程式。這些 API 現在已屬於通用裝置系列。

裝置

位置

Windows 10 Technical Preview 導入了新方法 RequestAccessAsync,可以詢問使用者是否可存取其位置。

使用者可以利用 [設定] 應用程式中的 [位置隱私權設定],來設定其位置資料的隱私權。您的應用程式只有在下列情況下,才可以存取使用者的位置或位置歷程記錄:

· 定位已開啟 (不適用於 Windows 10 Technical Preview 手機版)

· [讓 Windows 與您選擇的應用程式使用您的位置與位置歷程記錄] 設定已 [開啟]

· 在 [選擇可以使用您的位置的應用程式] 底下,您的應用程式已設定為 [開啟]

請務必先呼叫 RequestAccessAsync,才能存取使用者的位置。此時,您的應用程式必須在前景且RequestAccessAsync 必須從 UI 執行緒呼叫。在使用者授與您的應用程式存取其位置的權限之前,您的應用程式無法存取位置資料。

AllJoyn

Windows.Devices.AllJoyn Windows 執行階段命名空間引進了 Microsoft 的 AllJoyn 開放原始碼軟體架構和服務的實作。這些 API 讓您的通用 Windows 裝置應用程式參與 AllJoyn 驅動、物聯網 (IoT) 案例中的其他裝置得以實現。如需關於 AllJoyn C API 的詳細資料,請下載位於 AllSeen 聯盟的文件。

使用此版本中包含的 AllJoynCodeGen 工具,以產生可用來啟用您裝置應用程式中 AllJoyn 案例的 Windows 元件。

電池

Windows.Devices.Power 命名空間中的電池 API,可以讓應用程式深入了解執行您應用程式之裝置所連接的任何電池。

· 建立電池物件以代表個別的電池控制器,或是所有電池控制器的彙總 (當由 FromIdAsyncAggregateBattery 個別建立時)。

· 使用 GetReport 方法傳回指示相對應電池的充電、容量及狀態的 BatteryReport 物件。

MIDI 裝置

新的 Windows.Devices.Midi 命名空間可讓您建立:

· 可以與外部 MIDI 裝置通訊的應用程式。

· 與 Microsoft GS MIDI 軟體合成器直接通訊的應用程式和外部裝置。

· 多個用戶端同時存取單一 MIDI 連接埠的案例。

自訂的感應器支援

Windows.Devices.Sensors.Custom 命名空間可讓硬體開發人員定義新的自訂感應器類型,例如 CO2 感應器。

圖形和遊戲

DirectX

Windows 10 Technical Preview 中的 DirectX 12 引進了下一版的 Microsoft Direct3D,也就是 DirectX 核心的 3D 圖形 API。Direct3D 12 圖形提高了低階、主控台式 API 的效率和效能。Direct3D 12 比以往更快更有效率。支援更豐富的場景、更多的物件、更複雜的效果,且能夠更有效地使用現代化圖形硬體。

媒體

HTTP 即時串流處理

您可以使用新的 AdaptiveMediaSource 類別,將彈性視訊串流功能新增到您的應用程式。物件已透過將它指向串流處理的資訊清單檔案來初始化。支援的資訊清單格式包含 Http 即時資料流 (HLS)、Dynamic Adaptive Streaming over HTTP (DASH) 與 Smooth Streaming。一旦物件繫結至 XAML 媒體元素,就會開始彈性播放。您可以查詢,並在適當時設定資料流屬性,例如可用、最小與最大位元速率。

適用於 Media Foundation Transforms (MFTs) 的 Media Foundation Transcode Video Processor (XVP) 支援

使用 Media Foundation Transforms (MFTs) 的 Windows 應用程式現在可以使用 Media Foundation Transcode Video Processor (XVP) 轉換、縮放及轉變原始影片資料:

· 新的 MF_XVP_CALLER_ALLOCATES_OUTPUT 屬性支援對呼叫端配置紋理的輸出 (即使在 Microsoft DirectX 視訊加速 (DXVA) 模式中)。

· 新的 IMFVideoProcessorControl2 介面可讓您的應用程式啟用硬體效果、查詢支援的硬體效果,以及覆寫視訊處理器所執行的旋轉作業。

轉碼

新的 MediaProcessingTrigger API 可讓您的應用程式在背景工作中執行媒體轉碼,因此即使終止前景應用程式,轉碼作業仍然可以繼續執行。

MediaElement

在 Windows 10 上,MediaElement 可播放包含多個串流的內容,即使其中一個串流發生解碼錯誤,只要媒體內容包含至少一個有效串流,便可繼續播放。例如,如果內容中的視訊串流包含音訊,而視訊串流失敗,則 MediaElement 仍然會播放音訊串流。PartialMediaFailureDetected 會通知您無法解碼串流中的一個串流。它也會讓您知道失敗串流的類型,以便在 UI 中反映該資訊。如果媒體串流中的所有串流皆失敗,就會引發 MediaFailed 事件。

傳統型應用程式的媒體傳輸控制項

ISystemMediaTransportControls 介面和相關的 API 可讓傳統型應用程式與內建系統媒體傳輸控制項互動。這包括使用傳輸控制項按鈕回應使用者互動,以及更新傳輸控制項顯示,以顯示目前播放媒體內容的中繼資料。

隨機存取 JPEG 編碼和解碼

新的 WIC 方法 IWICJpegFrameEncodeIWICJpegFrameDecode 可編碼和解碼 JPEG 影像。您現在也可以為影像資料編製索引,以提高大型影像隨機存取的效率,但是會耗用較多記憶體。

媒體組合的重疊

新的 MediaOverlayMediaOverlayLayer API 可以讓您輕鬆地將多層靜態或動態媒體內容新增到媒體組合。每層可各自調整不透明度、位置和時間,您甚至可以為輸入層自行實作自訂的組合器。

新的效果架構

Windows.Media.Effects 命名空間提供簡單且直覺的架構,可為音訊和視訊串流新增效果。此架構包含基本的介面,可實作以建立自訂的音訊和視訊效果,並將之插入媒體管線。

網路功能

通訊端

通訊端更新包括:

· 通訊端代理程式。通訊端代理程式可以代表處於應用程式週期中任何狀態的應用程式來建立及關閉通訊端連線。這可以讓應用程式和應用程式提供的服務更容易被找到。例如,透過通訊端代理程式,Win32 服務甚至在未執行時仍可接受連入通訊端連線。

· 改進輸送量。通訊端輸送量已針對使用 Windows.Networking.Sockets 命名空間的應用程式最佳化。

背景傳輸後續處理工作

Windows.Networking.BackgroundTransfer 命名空間中新的 API 可讓您註冊後續處理工作的群組。因此,即使您的應用程式不在前景,也可在背景傳輸成功或失敗時立即採取動作,而不是等到下次使用者繼續執行應用程式時才採取動作。

廣告的藍牙支援

有了 Windows.Devices.Bluetooth.Advertisement 命名空間,您的應用程式可以透過藍牙 LE 連線傳送、接收與篩選廣告。

Wi-Fi Direct API 更新

裝置代理程式已更新,可在不離開應用程式的情況下啟用裝置配對功能。Windows.Devices.WiFiDirect 命名空間的新增項目可讓裝置成為可供其他裝置搜尋的裝置,並讓裝置接聽連入連線通知。

注意 此版本中,Wi-Fi Direct 增強功能並未內建到 UX 中,且它們只支援一鍵配對。此外,此版本只支援一個使用中的連線。

JSON 支援改良功能

Windows.Data.Json 命名空間現在在偵錯工作階段期間轉換 JSON 物件時,對於現有的標準定義和開發人員體驗提供較好的支援。

安全性

ECC 加密

Windows.Security.Cryptography 命名空間中新的 API 支援了橢圓曲線加密法 (ECC),這是以有限體上橢圓曲線為基礎的公開金鑰密碼編譯實作。ECC 演算方式比 RSA 更複雜,提供較小的金鑰大小、減少記憶體耗用量,並改善效能。它提供了 Microsoft 服務與客戶一種 RSA 金鑰和 NIST 核准曲線參數的替代方法。

系統服務

電源

現在在執行或停止執行省電模式時,會通知您的 Windows 傳統型應用程式。藉由回應電源條件變更,您的應用程式有機會可以協助延長電池使用時間。

· GUID_POWER_SAVING_STATUS: 使用這個新的 GUID 與 PowerSettingRegisterNotification 函式,即可在執行或停止執行省電模式時收到通知。

· SYSTEM_POWER_STATUS: 這個結構已經更新,以支援省電模式。第四個成員 SystemStatusFlag(先前稱為 Reserved1) 現在可指示省電模式是否已經執行。使用 GetSystemPowerStatus 函式來抓取這個結構的指標。

版本

您可以使用 Version Helper 函式判斷作業系統版本。針對 Windows 10,這些 Helper 函式包含新的函式IsWindows10OrGreater。當您想要判斷系統版本時,您應該使用 Helper 函式,而不是已過時的GetVersionExGetVersion 函式。如需如何取得系統版本的相關詳細資訊,請參閱取得系統版本

如果您是使用已過時的 GetVersionExGetVersion 函式來取得 OSVERSIONINFOEXOSVERSIONINFO結構中的版本資訊,請注意這些結構包含的版本號碼會從 6.3 (適用於 Windows 8.1 與 Windows Server 2012 R2) 增加到 10.0 (適用於 Windows 10 Technical Preview)。如需作業系統版本號碼的相關詳細資訊,請參閱作業系統版本

在您的應用程式中,您也需要特別以 Windows 8.1 或 Windows 10 為目標,以取得這些利用 GetVersionExGetVersion 函式取得之版本的正確版本資訊。如需如何將您的應用程式以這些 Windows 版本為目標的相關資訊,請參閱將您的應用程式以 Windows 為目標

儲存空間

可供 Windows Phone 使用的檔案搜尋 API

身為應用程式發行者,您可以新增延伸項目至應用程式資訊清單,以便註冊應用程式將儲存資料夾與您發行的其他應用程式共用。然後呼叫 Windows.Storage.ApplicationData.GetPublisherCacheFolder 方法取得共用的儲存位置。

Windows 執行階段應用程式的增強式安全性模型通常會防止應用程式彼此之間分享資料。但是,對於來自相同發行者的應用程式,在以每個使用者為基礎的方式下共用檔案和設定而言很有用。

工具與效能

屬性變更通知

Windows.UI.Xaml 命名空間現在定義了數個支援變更通知的 API,以控制識別為 DependencyObject 的屬性。

通知的運作方式類似於事件,但實際上會公開為回呼。回呼會像事件處理常式一樣接受傳送者引數,但不接受事件引數。相反地,只會傳遞屬性識別碼來指示屬性。您的應用程式可以利用此項資訊,為多個屬性通知定義單一處理常式。如需詳細資訊,請參閱 RegisterPropertyChangedCallback

追蹤記錄

追蹤記錄是適用於使用者模式應用程式與核心模式驅動程式的新事件追蹤 API;它是建置在 Windows 事件追蹤 (ETW) 上。這個 API 提供簡化的方式來檢測程式碼,並包括含有事件的結構化資料,而不需要個別的檢測資訊清單 XML 檔案。

WinRT、.NET 與 C/C++ TraceLogging API 可用來為不同的開發人員對象提供服務。

使用者經驗

清單捲動虛擬化

XAML ListViewGridView 控制項具有新的 ListViewBase.ChooseItemContainer 事件,可在資料集合中發生變更時,改善控制項的效能。

相對於執行清單的完整重設 (這會重播進入動畫),系統現在會保持目前檢視中的項目,以及焦點和選取的狀態;檢視區中新的項目和移除的項目會以動畫流暢地顯示進出。在資料集合中 (其中的容器未受到破壞) 進行變更後,應用程式可以快速地將任何「舊」項目與先前的容器比對,並跳過容器週期覆寫方法的進一步處理。只有「新」項目會被處理,並與回收的或新的容器產生關聯。

不同的應用程式平台之間的拖放功能

新的 Windows.ApplicationModel.DataTransfer.DragDrop 命名空間將拖放功能帶入 Windows 執行階段應用程式。目前來說,一般的傳統型程式拖放案例 (例如將資料夾中的文件拖曳到 Outlook 電子郵件訊息中以附加檔案) 在 Windows 執行階段應用程式是不可能的。使用這些新的 API,您的應用程式可讓使用者輕易地在不同的 Windows 執行階段應用程式和桌面之間移動資料。這絕對是比以往更好且更直覺化的應用程式經驗。

按鍵輸入瀏覽鍵盤快速鍵的支援

新的 Windows.UI.Xaml.KeyAccelerator 類別可讓您為您的 XAML 標記頁面宣告鍵盤快速鍵。鍵盤快速鍵會在按下特定按鍵 (以及選用的輔助按鍵) 時叫用指定的事件處理常式。您也可以使用 x:Uid 屬性與您的KeyAccelerator 來進行當地語系化。

網頁

Internet Explorer

Internet Explorer 引進了「邊緣」模式:一種新的動態文件模式,針對搭配其他現代化瀏覽器和網頁內容最大互通性所設計。這個實驗模式已透過漸進方式提供給一組隨機選取的 Windows 開發人員預覽使用者。您可以透過新的 IE about:flags 機制手動啟用或停用邊緣模式。如需詳細資訊,請參閱:

· 使用邊緣 – 我們協助網路運作的下一步是正確的

· Windows 10 的 Internet Explorer 開發人員指南

 

延伸閱讀:

1. Windows 10 對於開發者的意義在哪?

2. 初窺 Windows 10 的通用應用程式平台 (Universal App Platform)

[Sample Of Mar. 26] How to compress files into a single .gz file for download in ASP.NET(VS2012)

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 23:40
Mar. 26 Sample : https://code.msdn.microsoft.com//How-to-compress-files-into-c1c36b7c The sample demonstrates how to compress files into a single .gz file for download in ASP.NET.It uses System.IO.Compression. You can find more code samples that demonstrate the most typical programming scenarios by using Microsoft All-In-One Code Framework Sample Browser or Sample Browser Visual Studio extension . They give you the flexibility to search samples, download samples...(read more)

Small Basic - Changing Properties

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 22:27

Changing Properties

You can change many TextWindow properties, but not all properties can be changed. Some objects contain read-only properties, which you can use in your program but can’t change. For example, the Date property of the Clock object is a read-only property. (Wouldn’t it be nice if you could change the Date property to travel through time?)

On the other hand, you can both use and change properties that have read/write access. Small Basic’s Help Area tells you whether a property has read/write access or read-only access. Do you see the difference in the Figure?

Figure: The Help Area shows you whether a property has read/write or read-only access.

 

Have a Small and Basic week!

   - Majed Marji & Ninja Ed

How to create a hamburger menu control for Windows 8.1 and Windows Phone

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 21:43
You've probably seen many apps on iOS and Android that have a "hamburger menu" layout control for their application. This unfortunately is not an out-of-box control on Windows or Windows Phone and instead requires you to create your own custom built control for this UI paradigm. I've seen several apps on Windows or Windows Phone implement this but they haven't always been done in a way that provides for maximum performance or sometimes lack the full interactions necessary to make the experience great...(read more)

Unified Service Desk の構成 Part 7 : エージェントアプリケーションにエージェントスクリプトを構成

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 20:00

みなさん、こんにちは。今回も前回から引き続き Unified Service Desk の構成チュートリアルをご紹介します。なお、今回紹介する内容は基本的に以下の内容に沿っています。
Walkthrough 7:Configure agent scripting in your agent application

 

事前準備

前回までの構成にコントロールを追加していきますので、以下の記事を参考にして構成を作成しておいてください。今回のシナリオでは Part 1、Part 3 と Part 4 の構成は必須です。
Unified Service Desk の構成 Part 1 : シンプルなエージェントデスクトップの構成
Unified Service Desk の構成 Part 2 : エージェントアプリケーション内に外部の Web ページを表示
Unified Service Desk の構成 Part 3 : エージェントアプリケーション内に Microsoft Dynamics CRM レコードを表示
Unified Service Desk の構成 Part 4 : エージェントアプリケーション内のセッションに Microsoft Dynamics CRM レコードを表示
Unified Service Desk の構成 Part 5 : セッション名とセッション概要データの表示
Unified Service Desk の構成 Part 6 : エージェントアプリケーションにデバッガーのホストされたコントロールを構成

 

今回の内容

コールセンターでは、問い合わせの内容に応じて定型的な会話内容をガイドするトークスクリプトやエージェントの定型的な操作やタスクをガイドするタスク管理機能が求められることがあります。USD のエージェントスクリプトは、顧客との対話中におけるエージェントのガイドに役立ちます。今回のチュートリアルでは、顧客との対話中のセッションにおいて、新しいサポート案件を作成したり、既存のサポート案件を検索して参照するタスクをガイドするエージェントスクリプトを作成します。以下の3つのエージェントスクリプトを作成します。

  • 現在開いている取引先企業にサポート案件を作成
  • 現在開いている取引先企業の既存サポート案件を表示
  • セッションを閉じる

 

ステップ1:エージェントスクリプトタイプのホストされたコントロールを作成

  1. Microsoft Dynamics CRM にサインインします。
  2. ナビゲーションで Microsoft Dynamics CRM をクリックし、設定 を選択します。
  3. 設定 > Unified Service Desk > ホストされたコントロール をクリックします。
  4. 新規 をクリックします。
  5. 新規ホストされたコントロールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso Agent Scripting

USD コンポーネントの種類

エージェント スクリプト

表示グループ

WorkflowPanel

 

  1. 上書き保存 をクリックします。

 

ステップ2:新規サポート案件フォームと既存サポート案件を表示するホストされたコントロールの作成

このステップでは、新規サポート案件フォームまたは現在開いている取引先企業の既存サポート案件を表示する二つの CRM ページタイプのホストされたコントロールを作成します。

 

  1. 設定 > Unified Service Desk > ホストされたコントロール をクリックします。
  2. 新規 をクリックします。
  3. 新規ホストされたコントロールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso new case form

表示名

新規ケース

USD コンポーネントの種類

CRM ページ

複数ページの許可

いいえ

ホストの種類

内部 WPF

アプリケーションはグローバル

チェックしない

表示グループ

MainPanel

 

  1. 上書き保存 をクリックします。
  2. 新規 をクリックします。
  3. 新規ホストされたコントロールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso existing cases for an account

表示名

[[$Context.name]] のサポート案件

USD コンポーネントの種類

CRM ページ

複数ページの許可

いいえ

ホストの種類

内部 WPF

アプリケーションはグローバル

チェックしない

表示グループ

MainPanel

 ※現在の取引先企業名を表示するために置換パラメーターを利用します。置換パラメーターについては、以下をご参照ください。
Replacement parameters

  1. 上書き保存 をクリックします。

 

ステップ3:エージェントスクリプトタスクの作成

取引先企業レコードがセッションに表示されたときに表示されるエージェントスクリプトタスクを作成します。

  1. 設定 > Unified Service Desk > エージェント スクリプト タスク をクリックします。
  2. 新規 をクリックします。
  3. 新規エージェント スクリプト タスクページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso: Welcome to Account Session

開始タスク

いいえ

スクリプト テキスト

[[$Context.name]] 様こんにちは。[[$User.lastname]] と申します。
今回のお電話は新規のお問い合わせでしょうか?
あるいは既存のお問い合わせに関してでしょうか?

説明

顧客の回答に基づき、以下のいずれかのタスクをクリックします。

 ※現在の取引先企業名とエージェント名を表示するために置換パラメーターを利用します。

  1. 上書き保存 をクリックします。

 

ステップ4:エージェントスクリプトからサポート案件を作成する回答とアクション コール、ウィンドウナビゲーションルールを作成

  1. ステップ3で作成したエージェントスクリプトタスクの回答領域にて、回答を作成するために ボタンをクリックします。
  2. 検索ボックスにて、検索ボタンをクリックまたは ENTER キーを押し、検索結果ボックスの右下隅の 新規 をクリックします。

  1. 新規エージェント スクリプトの回答ページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso: New case

Answer Text

サポート案件の作成

リンクされたタスク

Contoso: Welcome to Account Session

受注

1

 

  1. 上書き保存 をクリックします。
  2. 次に、エージェントがこの回答をクリックしたときに、取引先企業の新規サポート案件フォームを表示させるアクションコールを追加します。ナビゲーションにて、Contoso: New Case の右隣の下矢印をクリックし、アクション をクリックします。

  1. 次のページにて、既存のアクション コールの追加 をクリックします。
  2. 検索ボックスにて、検索ボタンをクリックまたは ENTER キーを押し、検索結果ボックスの右下隅の 新規 をクリックします。
  3. 新規アクション コールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso Action Call: Create Case

受注

1

ホストされたコントロール

Contoso new case form

アクション

New_CRM_Page

データ

LogicalName=incident
customerid=EntityReference([[$Context.InitialEntity]],[[$Context.Id]])
customeridname=[[$Context.name]]
primarycontactid=[[$Context.primarycontactid.id]+]
primarycontactidname=[[$Context.primarycontactid.name]+]

 ※新規サポート案件のフォームには、エージェントが素早く顧客のサポート案件を作成できるように顧客レコードのデータを取り込みます。

  1. 上書き保存 をクリックします。
  2. 次に、新規サポート案件フォームを表示するためのウィンドウナビゲーションルールを作成します。ナビゲーションにて、設定 > Unified Service Desk > ウィンドウ ナビゲーション ルール をクリックします。
  3. 新規 をクリックします。
  4. 新規ウィンドウ ナビゲーション ルールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso New Case for Account Session Rule

受注

20

開始

Contoso new case form

エンティティ

incident

ルーティングの種類

ポップアップ

宛先

タブ

アクション

ルート ウィンドウ

対象のタブ

Contoso new case form

タブの表示

Contoso new case form

コマンド バーの非表示

いいえ

ナビゲーション バーの非表示

はい

 

  1. 上書き保存 をクリックします。

 

ステップ5:既存のサポート案件を表示する回答とアクションコールを追加

  1. ステップ3で作成したエージェントスクリプトタスクの回答領域にて、回答を作成するために ボタンをクリックします。
  2. 検索ボックスにて、検索ボタンをクリックまたは ENTER キーを押し、検索結果ボックスの右下隅の 新規 をクリックします。
  3. 新規エージェント スクリプトの回答ページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso: Existing cases

Answer Text

既存サポート案件の表示

リンクされたタスク

Contoso: Welcome to Account Session

受注

2

 

  1. 上書き保存 をクリックします。
  2. 次に、エージェントがこの回答をクリックしたときに取引先企業の既存サポート案件を表示させるアクションコールを追加します。ナビゲーションにて、Contoso: Existing Case の右隣の下矢印をクリックし、アクション をクリックします。
  3. 次のページにて、既存のアクション コールの追加 をクリックします。
  4. 検索ボックスにて、検索ボタンをクリックまたは ENTER キーを押し、検索結果ボックスの右下隅の 新規 をクリックします。
  5. 新規アクション コールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso Action Call: Display Existing Cases

受注

1

ホストされたコントロール

Contoso existing cases for an account

アクション

AssociatedView

データ

navItemName=Cases
Id=[[$Context.Id]]
type=[[$Context.etc]]
tabset=areaService

 

  1. 上書き保存 をクリックします。
  2. 既存サポート案件にフォーカスを設定する別のアクション コールを追加します。新規アクション コールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso Action Call: Set Focus on Existing Cases

受注

2

ホストされたコントロール

Contoso Global Manager

アクション

ShowTab

データ

Contoso existing cases for an account

 

  1. 上書き保存 をクリックします。

 

ステップ6:セッションを閉じるための回答とアクション コールを追加

  1. ステップ3で作成したエージェントスクリプトタスクの回答領域にて、回答を作成するために ボタンをクリックします。
  2. 検索ボックスにて、検索ボタンをクリックまたは ENTER キーを押し、検索結果ボックスの右下隅の 新規 をクリックします。
  3. 新規エージェント スクリプトの回答ページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso: Close session

AnswerText

セッションを閉じる

リンクされたタスク

Contoso: Welcome to Account Session

受注

3

 

  1. 上書き保存 をクリックします。
  2. 次に、セッションを閉じるためのアクションコールを追加します。ナビゲーションにて、Contoso: Close session の右隣の下矢印をクリックし、アクション をクリックします。
  3. 次のページにて、既存のアクション コールの追加 をクリックします。
  4. 検索ボックスにて、検索ボタンをクリックまたは ENTER キーを押し、検索結果ボックスの右下隅の 新規 をクリックします。
  5. 新規アクション コールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso Action Call: Close Session

ホストされたコントロール

Contoso Session Tab ※

アクション

CloseSession

データ

sessionid=[[$Context.SessionId]]

 ※Contoso Session Tab ホストされたコントロールは Unified Service Desk の構成 Part 4 で作成しました。

  1. 上書き保存 をクリックします。

 

ステップ7:エージェント スクリプトを表示するためのアクション コールを作成

  1. 設定 > Unified Service Desk > アクション コール をクリックします。
  2. 新規 をクリックします。
  3. 新規アクション コールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso Action Call: Load Agent Script

ホストされたコントロール

Contoso Agent Scripting

アクション

GotoTask

データ

Contoso: Welcome to Account Session

 

  1. 上書き保存 をクリックします。

 

ステップ8:セッションに取引先企業レコードが表示されているときにエージェントスクリプトを表示する

このステップでは、前のステップで作成されたアクションコールを Contoso Account Session のホストされたコントロールの BrowserDocumentComplete イベントに追加することで、Contoso Account Session がロードされた後にエージェントスクリプトをロードするアクションコールが実行されます。Contoso Account Session のホストされたコントロールは Unified Service Desk の構成 Part 4 で作成しました。

 

  1. ナビゲーションにて、Contoso Accout Session のホストされたコントロールの右隣の下向き矢印をクリックし、イベント をクリックします。

  1. イベント関連ビューから BrowserDocumentComplete をクリックします。
  2. BrowserDocumentComplete ページにて、イベントにアクションコールを追加するために アクティブなアクション領域にて ボタンをクリックします。
  3. 検索ボックスにて、Contoso Action Call: Load Agent Scriptと入力して検索ボタンをクリックまたは ENTER キーを押します。
  4. 検索結果から Contoso Action Call: Load Agent Script をクリックして追加します。

 

ステップ9:作成したコントロールを構成に追加

このステップでは、構成に割り当てられたユーザーにこのチュートリアルで作成したアクションコールやエージェントスクリプト、ホストされたコントロール、ウィンドウナビゲーションルールを表示するためにこれらのコントロールを構成に追加します。Unified Service Desk の構成 Part 1 で作成した Contoso Configuration に以下を追加します。

コントロール名

コントロールの種類

Contoso Action Call: Create Case

アクション コール

Contoso Action Call: Display Existing Cases

アクション コール

Contoso Action Call: Set Focus on Existing Cases

アクション コール

Contoso Action Call: Close Session

アクション コール

Contoso Action Call: Load Agent Script

アクション コール

Contoso: Welcome to Account Session

エージェント スクリプト

Contoso Agent Scripting

ホストされたコントロール

Contoso new case form

ホストされたコントロール

Contoso existing cases for an account

ホストされたコントロール

Contoso New Case for Account Session Rule

ウィンドウ ナビゲーション ルール

 

  1. 設定 > Unified Service Desk > 構成 をクリックします。
  2. Contoso Configuration をクリックし、定義情報を開きます。
  3. ナビゲーションにて、Contoso Configuration の隣の下向き矢印をクリックし、アクション コール を選択します。
  4. 既存のアクション コールの追加 をクリックし、検索ボックスに Contoso Action Call と入力して ENTER を押すか検索アイコンをクリックします。
  5. 作成したアクションコールが検索結果に表示されるのですべて追加します。
  6. 同様に Contoso Configuration の隣の下向き矢印をクリックし、エージェント スクリプトホストされたコントロールウィンドウ ナビゲーション ルール でそれぞれコントロールを追加します。

 

ステップ10:アプリケーションのテスト

  1. USD クライアントを起動し、Contoso Configuration に割り当てたユーザー資格情報でサインインします。
  2. 取引先企業レコードを表示するために、ツールバーの 検索 ボタンの右隣の下矢印をクリックし、取引先企業 をクリックします。
  3. 左ペイン(SessionExplorerPanel)を表示するために展開ボタンをクリックします。

 

  1. エージェントアプリケーションのセッションで取引先企業情報を表示するために、いずれかの取引先企業レコードをクリックします。左側のペインに Contoso: Welcome to Account Session エージェントスクリプトが現れます。

 

  1. エージェント スクリプトの サポート案件の作成 をクリックすると、現在開いている取引先企業レコードから事前入力値がセットされて新規サポート案件フォームが開きます。

 

  1. エージェントスクリプトの 既存サポート案件の表示 をクリックすると、現在開いている取引先企業レコードの関連のサポート案件が表示します。

 

  1. エージェントスクリプトの セッションを閉じる をクリックすると、現在のセッションが閉じます。

 

結論

このチュートリアルでは、コールセンターのエ��ジェントをガイドするためのシンプルなエージェントスクリプトを構成する方法をご紹介しました。USD では、回答に親子関係を定義したりアクションを分岐させるロジックを作成することによって、より複雑なスクリプトを作成することができます。このエージェントスクリプトの機能を使って、エージェントの定型的なオペレーションの自動化やトークスクリプトの表示を構成することが可能になります。
今回で全 7 回にわたる USD の構成編は終了です。ここまでで基本的な USD の機能や構成方法、さらに様々なコールセンター向けアプリケーションを構成できる可能性を体感いただくことができたかと思います。次回は拡張編として CTI イベントルーティングにおける汎用リスナーアダプターの利用方法をご紹介したいと思います。お楽しみに!

 - 小澤 英紀

Apache Cordova 工具的更新: 支持Windows 7

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 19:37

[原文发表地址] Apache Cordova Tooling Update with Support for Windows 7

[原文发表时间] 8/4/2014

本周,我们发布了Multi-Device Hybrid应用程序开发扩展的CTP 2.0版本, 它使开发人员可以使用Apache Cordova™来构建 iOS 和 android,Windows的应用程序。对于此预览版本,3个月内客户通过UserVoice, Twitter, StackOverflowEmail要求的几大功能主要有:支持更多操作系统的调试和调试低于Android 4.4 (“KitKat”)的设备。

支持 Windows 7 8。根据我们的数据,近 15%的开发人员正试图在 Windows 7 或 8上安装Cordova扩展。在此版本之前,开发者将不得不升级到 Windows 8.1 — — 并不总是方便或甚至有可能在企业版环境中。因此,从CTP 2.0开始,开发者可以在 Windows 7+(包括 Windows Server 2012 R2) 上安装,并可以使用以前仅在Windows8.1上可用的相同工具集。

 Windows 7 的电脑运行Multi-Device Hybrid应用程序

在良好配置开发环境下开启和快速运行。那些曾经使用其他工具来构建Cordova项目的开发人员多次告诉我们:构建一个良好配置的开发机器会花费几天时间。通过十几个不同的依赖关系和数以百计的可能版本组合 — — 更别说是环境的配置 — — 很难知道什么样的安装程序将起作用。使用 CTP 2.0,Visual Studio 将指导开发人员通过下载、 安装和配置工具链来开启开发和快速运行。当开发人员打开一个项目时,Visual Studio 还将执行系统的诊断检查,以确保 开发环境依然可用。如果不可用,Visual Studio 会提出来解决这个问题的建议。

安装程序会照顾到第3方工具的获取和配置

Visual Studio 运行系统诊断程序,以确保开发环境依然可用

更多的安卓系统调试目标。约 82%的Android 设备市场不支持 4.4 (“KitKat”)版本,因此调试依赖设备和仿真器运行的低于Android 4.4的版本有非常大的必要。然而大多数工具使用的调试协议还未到4.4版本。幸运的是,还有另一种选择Visual Studio CTP 2.0支持它。JsHybugger使用一个相对便宜的许可证,开发人员现在可以使用 Visual Studio 调试工具在依赖的设备和仿真器上运行2.3到4.4的安卓版本。

在依赖的 Android 设备上运行一个Multi-Device Hybrid应用程序

修复了300 bug我们前两个版本,CTP 1.0 和 1.1 中,对即将拥有的功能,提供非常好的体验,没必要隐藏它们:仍有开发预览状态和几个难解决的问题。感谢客户在StackOverflow、 推特和博客中给我们的反馈,我们发现并修复300 多个 bug, 以提高总体产品的可靠性、 性能和行为。此外,开发人员期望找到更好的安装第3方依赖关系的逻辑,改进错误消息,并快速生成。

MSDN 文档。开发者对于首次发布的文档的反馈是非常积极的,并且我们扩大了的文档优化。我们更新并迁移80 页 PDF到MSDN中,所以开发人员可以通过其 web 浏览器检索最新文档。

尝试一下吧

现在,Visual Studio 2013 的用户可以下载并安装Multi-Device Hybrid应用程序的扩展CTP2.0。当然,我们很乐意听到您的反馈意见。您可以直接通过UserVoice, Twitter, StackOverflowEmail与产品团队联系。

Ryan J. Salva Visual Studio Client Tool 团队 项目经理

Ryan工作于Visual Studio Client Tool 团队,他主要负责HTML, CSS 和JavaScript。今天他主要集中于Apache Cordova 工具和Windows Store应用程序。然而,他有着关于web标准开发的15年职业生涯。

EC-CUBE の Session を Redis に変更する (Azure)

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 18:48

ここでは、EC-CUBE の Session として Redis を使用する方法 (手順) を解説します。(Microsoft Azure を使います)

...(read more)

Using Biztalk to access WCF service using claims-based authentication (aka federated security)

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 18:39

When trying to connect to a claims-aware wcf service, two bindings are always required. The main binding that communicates with the WCF always references the second binding in its message security in order to authenticate the user against a Security Token Service.

There are cases where you would like to use Biztalk as a WCF client to authenticate the user against ADFS in order to be authorized by the WCF. In this case, the bindings can be slightly different than those described in this blog.

For instance, Biztalk will not allow the use of two identical Custom binding type to communicate with a claims-aware wcf service.

To make it work, we need to combine ws2007FederationHttpBinding and customBinding.

 

1 <bindings> 2 <customBinding> 3 <binding name="https://nape-adfs/adfs/services/trust/2005/kerberosmixed"> 4 <security defaultAlgorithmSuite="Basic128" authenticationMode="KerberosOverTransport" 5 requireDerivedKeys="false" includeTimestamp="true" messageSecurityVersion="WSSecurity11WSTrust13WSSecureConversation13WSSecurityPolicy12BasicSecurityProfile10"> 6 <localClientSettings detectReplays="false" /> 7 <localServiceSettings detectReplays="false" /> 8 </security> 9 <textMessageEncoding /> 10 <httpsTransport /> 11 </binding> 12 </customBinding> 13 14 15 <ws2007FederationHttpBinding> 16 <binding name="WS2007FederationHttpBinding_IService"> 17 <security mode="TransportWithMessageCredential"> 18 <message> 19 <issuer address="https://nape-adfs/adfs/services/trust/2005/kerberosmixed" 20 bindingConfiguration="https://nape-adfs/adfs/services/trust/2005/kerberosmixed" binding="customBinding" /> 21 <tokenRequestParameters> 22 <trust:SecondaryParameters xmlns:trust="http://docs.oasis-open.org/ws-sx/ws-trust/200512"> 23 <trust:KeyType xmlns:trust="http://docs.oasis-open.org/ws-sx/ws-trust/200512">http://docs.oasis-open.org/ws-sx/ws-trust/200512/SymmetricKey</trust:KeyType> 24 <trust:KeySize xmlns:trust="http://docs.oasis-open.org/ws-sx/ws-trust/200512">256</trust:KeySize> 25 <trust:KeyWrapAlgorithm xmlns:trust="http://docs.oasis-open.org/ws-sx/ws-trust/200512">http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#rsa-oaep-mgf1p</trust:KeyWrapAlgorithm> 26 <trust:EncryptWith xmlns:trust="http://docs.oasis-open.org/ws-sx/ws-trust/200512">http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#aes256-cbc</trust:EncryptWith> 27 <trust:SignWith xmlns:trust="http://docs.oasis-open.org/ws-sx/ws-trust/200512">http://www.w3.org/2000/09/xmldsig#hmac-sha1</trust:SignWith> 28 <trust:CanonicalizationAlgorithm xmlns:trust="http://docs.oasis-open.org/ws-sx/ws-trust/200512">http://www.w3.org/2001/10/xml-exc-c14n#</trust:CanonicalizationAlgorithm> 29 <trust:EncryptionAlgorithm xmlns:trust="http://docs.oasis-open.org/ws-sx/ws-trust/200512">http://www.w3.org/2001/04/xmlenc#aes256-cbc</trust:EncryptionAlgorithm> 30 </trust:SecondaryParameters> 31 </tokenRequestParameters> 32 </message> 33 </security> 34 </binding> 35 </ws2007FederationHttpBinding> 36 </bindings> 37 38

New CRM Developer Center

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 17:26

We have rolled out an new Developer Center for Microsoft Dynamics CRM: http://crmdevelopercenter.com

With this site we have:

  • Responsive design so it displays well on mobile devices
  • CRM Product branding that extends to our MSDN Library content
  • Search that is filtered so that it delivers results for our CRM content rather than all of MSDN
  • A much more modern look and feel

We are looking forward to expanding the content you can find on this site so you can find everything you need to write code for Microsoft Dynamics CRM.

Azure Site Recovery による大容量データ ディスクの保護

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 16:15
このポストは、3 月 18 日に投稿された Protecting large data disks using Azure Site Recovery の翻訳です。 Azure Site Recovery では、データ ディスク (VHD) のサイズが 1 TB を超える Hyper-V VM を直接保護することができません。これは、Azure では IaaS VM に対して 1 TB のデータ ディスク サイズ制限が適用されているためです (このブログの公開時点)。今回の記事では、回避策として、1 TB 未満の複数の VHD から構成される新しいストライプ ボリュームを作成する方法をご紹介します。データを新しいディスク ドライブに移行し、Hyper-V VM から古い大容量の VHD を削除した後、Azure Site Recovery を使用して VM を保護します。 以下の説明は Windows を実行している VM が対象で、Windows Server 2012 R2 を使用してテストされています。Linux VM では RAID を使用して同様の手順を実行できます...(read more)

Database migration to SQL Azure using a bacpac - a blocker and a workaround

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 16:04

One of the ways to migrate an on-premises database to SQL Azure today is by creating a bacpac file, and then importing it into a SQL Azure server. This is described in various documentation, e.g. in the Migration Cookbook for SQL Azure.

I was doing this recently for a customer when I ran into a problem. In the source database, a filegroup other than PRIMARY was present, and all tables were created on that filegroup following a well-known best practice. When creating the bacpac for this database, SqlPackage failed with this error:

*** Error exporting database:One or more unsupported elements were found in the schema used as part of a data package.

Error SQL71564: The element Filegroup: [FG_NB] is not supported in Microsoft Azure SQL Database v12.

Indeed, only the PRIMARY filegroup can exist in SQL Azure databases. In this case, even though it would be perfectly fine to have all tables on the PRIMARY filegroup and not on the original FG_NB filegroup once the database was migrated to SQL Azure, SqlPackage did not allow me to create the bacpac in the first place.

Luckily, there is a workaround that Steven Green from the SSDT team has pointed out. The workaround is as follows:

  1. Instead of creating a bacpac file, create a dacpac+data file. A dacpac+data is very similar to a bacpac, but there are a few minor differences: SQL Azure V12 bacpacs have a higher model schema version, and there is a flag that indicates whether the file is a bacpac. The important difference between them, in this case, is that when SqlPackage creates a bacpac, it validates whether the exported database fits within the feature set of Azure SQL DB, but that check is not done for a dacpac+data. Here is a sample command to create a dacpac+data:

    .\SqlPackage /Action:Extract /SourceServerName:SourceSQLServer /SourceDatabaseName:SourceDB

    /TargetFile:"C:\Temp\DBMigration\SourceDB.dacpac" /p:ExtractAllTableData=true

    /p:ExtractReferencedServerScopedElements=false /p:IgnoreUserLoginMappings=true

    The last two parameters are optional, but may be needed if the database contains any users for Windows authentication logins (Windows authentication is not supported in SQL Azure today), or any other server scoped elements that are not supported in SQL Azure. The SqlPackage.exe executable is found in the DacFx framework directory, e.g. in C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\120\DAC\bin. The latest DacFx framework should be used.

  2. Create a bacpac, but from a schema-only copy of the database that does not have the custom filegroup. There are several ways to do this. One is to reverse-engineer the source database into an SSDT project, remove all references to the custom filegroup, and publish the project to a new empty database. Now, when I said that this copy of the database has to be schema-only, it wasn't entirely correct. At least one row of data must be present in any table (it doesn't matter which table, and it doesn't matter what this data is). Once this empty and nearly-schema-only database exists, create the bacpac. Here is a sample command:

    .\SqlPackage /Action:Export /SourceServerName:SourceSQLServer

    /SourceDatabaseName:SourceDBEmpty /TargetFile:"C:\Temp\DBMigration\SourceDBEmpty.bacpac"

  3. Now that both the dacpac+data and the bacpac files are created, it is time for a bit of surgery. As it happens, both dacpac and bacpac files are actually ZIP archives with a different extension. Changing the extension to .zip lets you open the archives in Windows Explorer (or any archive utility that supports ZIP archives, in which case it may not be necessary to change the extension at all). Open the bacpac archive, and copy the two files named model.xml and Origin.xml to a temporary location. Then, open the dacpac+data file, and replace these two files with the ones from the bacpac. Finally, change the extension of the dacpac file to .bacpac. This produces a bacpac file that can be successfully imported into a SQL Azure server.

ExpressRoute for Office 365 のリリースをまもなく発表

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 16:00
このポストは、3 月 17 日に投稿された ExpressRoute for Office 365 の翻訳です。 昨年マイクロソフトは、Azure ExpressRoute をリリースしました。Azure ExpressRoute では、インターネットを経由しない高帯域幅の専用プライベート接続を使用して、IT インフラストラクチャを簡単に Azure に拡張することができます。Azure ExpressRoute はリリース以降、世界各地の 16 の拠点で順次公開され、20 近くのパートナーの協力を得たことで、世界中のどこからでもエンタープライズ クラスの信頼性と予測可能なネットワーク パフォーマンスを実現できるようになりました。 このたびマイクロソフトは、近日中にも ExpressRoute を通じて Office 365 にアクセスできるようになることを発表しました。ExpressRoute では、回線ごとにデュアル接続を提供することで、高可用性と 99.9% の稼働率を保証しています。既に多くの企業が ExpressRoute を使用して、オンプレミスのインフラストラクチャとの共存で...(read more)

New to Azure? Learn more about Azure with this on-demand Webinar on common cloud scenarios and the fundamentals of our cloud.

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 15:53

Learn more about Azure with this on-demand Webinar on common cloud scenarios and the fundamentals of our cloud. Get Started Now watch this online On Demand webinar  

Join technical product manager Jason Clarke for a tour of Microsoft Azure. In this on demand webinar, Jason will walk through common cloud scenarios and the fundamentals of our cloud. Click here to register for the webinar.

For Education we have various Azure FREE offering

Azure for Education for teaching and learning

Azure for Research

Azure for Students via DreamSpark.com

Azure Media Services と Azure CDN (Content Delivery Network) の統合を発表

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 15:30
このポストは、3 月 17 日に投稿された Announcing Azure Media Services integration with Azure CDN (Content Delivery Network) の翻訳です。 このたび、Azure Media Services が Azure CDN と完全に統合されました。これにより今後は、Azure 管理ポータルや Media Services の REST API 2.9 、 .NET SDK 3.1.0.2 (英語) を使用して、Media Services の任意のストリーミング エンドポイントに対して Azure CDN を簡単に有効化することができます。また、閲覧者を数千人から数十万人に拡大したり、パフォーマンスを向上させるために、世界各地の CDN POP を活用できます。CDN では、コンテンツのキャッシュと配信をエンド ユーザーに最も近い CDN POP から行います。コンテンツをユーザーの近くに移動させることにより、配信の所要時間を短縮し、全体的なユーザー エクスペリエンスを大幅に向上させることができます...(read more)

US MVP Open Days - March 27-28, 2015

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 14:32

Hosted by Microsoft, the inaugural US MVP Open Days kicks off March 27th at the Microsoft Office in Malvern, Pennsylvania. The two-day event will be packed with technical sessions, a series of facilitated breakout sessions, opportunities to connect with Microsoft team members and MVPs and—of course—delicious food. We will have sessions which are of interest to all MVPs across the business segments (developer, consumer and IT pro)—presented by Microsoft team members and MVPs. Our goal: help enhance your award year experience with this regional opportunity to learn, network and have fun with the community.  

Join the conversation on Twitter using the hashtag, #USMVP 

Check out the agenda for this week's event!

Alerting issue with Application Insights Azure Preview Portal - 3/25 - Resolved

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 14:15
Final Update: Wednesday, 3/25/2015 21:20 UTC

We’ve confirmed that all systems are back to normal with no customer impact as of 3/25, 21:20 UTC. Our logs show the incident started on 3/25, 19:28 UTC and that during the 2 hours that it took to resolve the issue customers experienced the inability to receive alerts and alerting e-mails.

• Root Cause: The failure was due to a configuration issue during a recent deployment of a backend service.
• Chance of Reoccurrence: Unlikely as we have made the configuration fix and made sure that the change has been saved, which will make it so that this doesn't affect future deployments
• Incident Timeline: 1 Hours & 52 minutes - 3/25, 19:28 UTC through 3/25, 21:20 UTC

We understand that customers rely on Application Insights as a critical service and apologize for any impact this incident caused.

-Application Insights Service Delivery Team

Initial Update: Wednesday, 3/25/2015 21:12 UTC

We are actively investigating issues with Application Insights Azure Preview Portal Alerting functionality. Some customers may experience alerting functionality not working for their services. We are working on deploying a hotfix to fix this issue and expect this functionality to be up within the next hour

• Next Update: Before 3/25/2015 22:12 UTC

We are working hard to resolve this issue and apologize for any inconvenience.

-Application Insights Service Delivery Team
 

Microsoft идет на Стачку! Подробности о нашем участии на конференции

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 14:02
Конференция Стачка , которую проводят в славном городе Ульяновске, уже давно полюбилась нашей команде в Microsoft. Не смогли мы пропустить ее и в этом 2015 году, став в очередной раз генеральным спонсоров этой замечательной конференции. В этом году на Стачку заглянет наш замечательный коллега Лоран Эллербах из европейского офиса Microsoft, который занимает в компании должность ведущего руководителя программ по работе с технической аудиторией. На Стачке Лоран примет участие в открытии конференции...(read more)

Declaring a XAML button programmatically and preventing it from vanishing on mouse over

MSDN Blogs - Wed, 03/25/2015 - 13:11

Sometimes I like to make life difficult for myself, or at least it seems that way. For example, I'm apparently a bit mad, because when writing Windows Store apps I'd sometimes rather declare the various buttons and other UI elements in my C# source code, rather than in XAML. Having an enormous chunk of XAML in my MainPage.xaml file just doesn't make me happy. 

So there I was, writing an app that generates buttons and textboxes on the fly from data stored in a XML file (yeah, don't ask) and it was all working great except than when I declared a button, the default action meant the button would disappear on mouse over. Puff - it vanished. Very unsettling.

Here's what I was doing: first I create a button, give it an image, and remove any outline. Then I add an event. For my app's purposes, I was also giving it a unique ID in its tag field and messing with the positioning a little. Don't worry about that part.

 

Button b = newButton();

var brush = newImageBrush();

brush.ImageSource = newBitmapImage(newUri("ms-appx:///ButtonUp.png"));

b.Height = 32;

b.Width = 32;

b.Background = brush;

b.Margin = newThickness(70, 0, 0, 0);

b.BorderThickness = newThickness(0);

b.Tag = id;

b.Opacity = 0.6;

b.Click += MoveNodeUp_Click;

 

 

Of course my first thought was "Huh?" followed by some experiments to trap the OnMouseOver or OnPointerOver events and stop it from flickering away, but no dice. With a deep sigh I resigned myself to having to mess with XAML control templates (have you seen the default control templates? The one for a button goes on for page after page). Then I discovered I could make one simple addition to my XAML to change the default behavior for all Buttons on the page. And that default behavior would prevent the button from flickering. Hurrah! So in case you might find it useful, here's all you need to add to your MainPage.xaml file:

 

<Page.Resources>

  <Style TargetType="Button">

   <Setter Property="Template">

    <Setter.Value>

     <ControlTemplate TargetType="Button">

      <Border Background="{TemplateBinding Background}">

       <ContentPresenter HorizontalAlignment="Center" VerticalAlignment="Center"/>

      </Border>

     </ControlTemplate>

    </Setter.Value>

   </Setter>

 

 </Page.Resources>

</Style>

 

 

The great thing is that I didn't need to make a single change to my C# code, and the buttons all worked fine.

Pages

Subscribe to Randy Riness @ SPSCC aggregator
Drupal 7 Appliance - Powered by TurnKey Linux